中2国語 教科書解説「扇の的」

◎「平家物語」

 

・成立:鎌倉時代

・ジャンル:軍記物語

・琵琶法師による弾き語り(平曲)

・平家一門の繁栄と滅亡を描く

・仏教的「無常観」があらわれている

・七五調

 

 

 

◎扇の的

 

 

◆読解のポイント

 

 

※平家側が、扇を舟の端に立て、射落としてみよ、と挑発する

※大将の義経は、与一に命じて射させようとする

※与一は、一度は辞退するが、義経の命令を断ることができなかった

 

※与一のおかれた状況

・夕暮れを迎えた酉の刻(午後六時ごろ)…視界が悪い

・海へ馬で乗り入れて、馬上から扇を狙う

・扇までの距離は四十間(約72メートル)

・主人の義経の命令は絶対であって、辞退できない

・激しい北風のため、波が高い…扇が揺れ動く

・源氏と平家、両軍の観衆の注目の中で的を狙う

 

 

☆「いづれもいづれも晴れならずといふことぞなき。」→実に晴がましい(晴れ舞台)

・敵からも味方からも注目され、弓の腕前を見せるにはこれ以上ない場面であるということ。

 

 

※与一は、目を閉じて自分の故郷の神仏に祈る

・射損じれば、自ら死ぬ覚悟

・「自分をもう一度故郷に帰らせようと思われるならば、この矢を外させないでください」

 

☆「これを射損ずるものならば、弓切り折り自害して、人に二度面を向かふべからず。」

・個人の命よりも名誉を重んじる「武士の美意識」(義経の「弓流し」に共通する考え方)

 

 

※目を開けると、風が弱まり、扇が狙いやすくなった

 

※与一は矢を十分に引き絞って射る。

 

※与一の放った矢は、扇を射切った。

 

※与一の弓の腕前に感心した平家の男が、舞を舞った。

・「黒革をどしの鎧」の男は、与一の見事なわざに感動し、敵である与一をたたえる風流心をもった人物

 

※与一のところに、義経の使いがやってきて、「(義経の)命令である。射よ。」と言う。

 

※与一は、男を射倒す。

・与一は、自分をたたえている男を射殺したことになる

・義経の命令は絶対で、断ることはできない

 

※「ああ、よく射た。」(みごとだ)と言う者もいれば、「心にもないことを。」(ひどいことをするものだ)と言う者もいた。

 

 

 

◆表現のポイント

 

 

〇擬音語・擬態語

 

・よつぴいてひやうど放つ  「ひょう(ど)」(擬音語)

ひいふつとぞ射切つたる  「ひいふっ(と)」(擬音語)

ひやうふつと射て  「ひょうふっ(と)」(擬音語)

・海へさつとぞ散つたりける  「さっ(と)」(擬態語)

 

 

 

〇対句(対比表現)

 

沖には平家、船を一面に並べて見物す。

陸には源氏、くつばみを並べてこれを見る。

 

 

かぶらは海へ入りければ、

扇は空へぞ上りける。

 

 

沖には平家、船ばたをたたいて感じたり。

陸には源氏、えびらをたたいてどよめきけり。

 

 

平家の方には音もせず、

源氏の方にはまたえびらをたたいてどよめきけり。〔対比の表現〕

 

 

 

〇色彩の表現

 

「夕日のかかやいたるに、皆紅の扇の日出だしたるが、白波の上に漂ひ、浮きぬ沈みぬ揺られければ・・・」

 

・夕日→(赤)

・白波→白

・「皆紅の扇」→赤

・「日出だしたる」→金色

 

*与一が狙った扇は、赤い色で、真ん中が丸く金色に塗られている

 

 

 

◆歴史的仮名遣い

 

 

①にんぐわつ

②をりふし

③揺りすゑ漂へば

④につくわう

⑤願はくは

⑥向かふべからず

⑦この矢はづさせたまうな

⑧なつたりける

⑨よつぴいてひやうど

⑩こひやうといふぢやう

⑪みなぐれなゐ

⑫ごぢやうぞ

⑬よつぴいて

⑭しや頸

⑮ひやうふつと

⑯義経の弓といはば

⑰弓のやうならば

⑱わうじやくたる

⑲てうろうせんずる

⑳のたまへば

 

 

※答え

 

①にんがつ

②おりふし

③ゆりすえただよえば

④にっこう

⑤ねがわくは

⑥むこうべからず

⑦このやはずさせたもうな

⑧なったりける

⑨よっぴいてひょうど

⑩こひょうというじょう

⑪みなぐれない

⑫ごじょうぞ

⑬よっぴいて

⑭しゃくび

⑮ひょうふっと

⑯よしつねのゆみといわば

⑰ゆみのようならば

⑱おうじゃくたる

⑲ちょうろうせんずる

⑳のたまえば

 

 

(ivy 松村)

 

 

 

国語 解説「歴史的仮名遣い」

2学期の期末テストは、1年生は『竹取物語』、2年生は『平家物語』と『徒然草』が出題範囲になっている中学校が多いようです。中3は『奥の細道』や和歌ですね。

 

 

古文の単元は、成績に差がつくところなので、しっかり準備しておきましょう。

ある意味では、周りに差をつけるチャンスでもあります。

 

 

古文のテストでは、おなじみの「歴史的仮名遣い」についてまとめておきます。

 

 

 

※「は」→「わ」 あはれ(あわれ)、やはらか(柔らか)、つはものども(兵ども)
※「ひ」→「い」 かひ(貝)、あひず(合図)、おもひで(思い出)
※「ふ」→「う」 きのふ(昨日)、かふ(買う)、とふ(問う)、いふ(言う)
※「へ」→「え」 いへ(家)、かへる(帰る)、こたへる(答える)
※「ほ」→「お」 にほひ(匂い)、おほせ(仰せ)、よそほひ(装い)

 

 

「ハ行」が「ワ行」となるのは「自立語の語頭以外」ですので、注意してください。

たとえば、8月の「はづき」(葉月)は[はづき]と読みます。

(その他、一部例外もあります。)

 

 

※「ゐ」→「い」 ゐど(井戸)、まゐる(参る)、くれなゐ(紅)
※「ゑ」→「え」 こゑ(声)、ゑ(絵)、ゑん(円)、ゑひもせす(えいもせす)
※「を」→「お」 をとこ(男)、とをか(十日)、をかし(おかし)

 

 

※「ぢ」→「じ」 あぢ(味)、恥ぢる(恥じる)、おぢさん(おじさん)
※「づ」→「ず」 いづれ(いずれ)、よろづ(よろず)

 

 

※「つ」→「っ」 ぼつちやん(坊ちゃん)、ひいふつと(ひいふっと)

 

 

すべての「つ」が「っ」となるわけではありません。

[っ](「促音」といいます)として読むのかどうか、よく確認してください。

「や・ゆ・よ」を[ゃ・ゅ・ょ](「拗音」といいます)として読む場合もあります。

 

 

※「む」→「ん」 かむなづき(神無月)、つねならむ(常ならん)

 

これも、[む]と読む場合がありますので、よく確認してください。

 

 

※「くわ」→「か」 くわかく(価格)、くわじ(火事)、ゆくわい(愉快)
※「ぐわ」→「が」 まんぐわ(漫画)、ぐわんやく(丸薬)

 

 

 

ここまでは、何とか大丈夫だと思います。

 

ここからが、ちょっと大変です。

「ローマ字」を使って考えます。

よくわからなかったら、じっくり説明しますので、質問に来てください。

 

 

 

※「au」→「ou」

 

枕草子に出てくる「やうやう」の読み方を確認してみましょう。

 

「やうやう」は「ローマ字」にすると「yau yau」です。

「au」が出てきたら、その部分を「ou」に置き換えてください。

 

「yau yau」→「you you

 

「you you」は「ようよう」と発音しますね。

 

「やうやう」→「ようよう」

 

 

もうひとつ例を見てみましょう。

 

「あふぎ」=「あうぎ」=「augi」

 

「ふ」→「う」となるルールを思い出してください。

 

augi」→「ougi」=「おうぎ」(扇)となります。

 

 

 

類題を見ておきましょう。

 

1.かうかうにいかう  2.ひやうど  3.ありがたう  4.まうす  5.だらう  6.さぶらふ  7.たふとい  8.ざふきん  9.くわういん  10.につくわう

 

 

 

答え:

 

1.こうこうにいこう(高校に行こう) 2.ひょうど 3.ありがとう 4.もうす(申す) 5.だろう 6.さぶろう 7.とうとい(尊い) 8.ぞうきん(雑巾) 9.こういん(光陰) 10.にっこう(日光)

 

 

 

※「iu」→「yuu」

 

例題:「りうぐう」=「riu guu」

 

「iu」の部分を「yuu」に置き換えます。

 

「riu guu」→「ryuu guu」

 

「ryuu guu」は「りゅうぐう」と発音しますね。

 

「りうぐう」→「りゅうぐう」(竜宮)

 

 

 

類題を見ておきましょう。

 

 

1.あやしう  2.きうり  3.じふじ  4.えいきう  5.いうぎ  6.ひうが  7.いうなり  8.いみじう  9.にうわ  10.にふだう

 

 

 

答え:

 

1.あやしゅう 2きゅうり(胡瓜) 3.じゅうじ(十時) 4.えいきゅう(永久) 5.ゆうぎ(遊戯) 6.ひゅうが(日向) 7.ゆうなり(優なり) 8.いみじゅう 9.にゅうわ(柔和) 10.にゅうどう(入道)

 

 

 

※「eu」→「you」

 

例題:「てうど」=「teudo」

 

「eu」の部分を「you」に置き換えます。

 

「teudo」→「tyoudo」

 

「tyoudo」は「ちょうど」と発音しますね。

 

「てうど」→「ちょうど」(調度)

 

 

 

類題を見ておきましょう。

 

 

1.せうと  2.にちえう  3.どぜう  4.なでう  5.けふ  6.てふてふ  7.しんめう  8.れうり  9しゆんげう  10.まんえふしふ

 

 

 

答え:

 

1.しょうと 2.にちよう(日曜) 3.どじょう 4.なじょう 5.きょう(今日)6.ちょうちょう(蝶々) 7.しんみょう(神妙) 8.りょうり(料理) 9.しゅんぎょう(春暁) 10.まんようしゅう(万葉集)

 

 (ivy 松村)

 

 

「ん」の話

「打消」の助動詞には「ない」「ず」「ぬ」に加えて、「ん」があります。

 

この中で、「ん」は、方言や話し言葉にみられるものです。

標準語では「~ませ」という言い方にあらわれます。

 

 

「走る」という動詞を打消してみましょう。

 

例:

走らない

走らず

走らぬ

走らん

 

 

「ん」と「ぬ」は音が近いので、口語文法の説明で、これらを同一視しているものもあります。

文語(古文)では、「ん」と「ぬ」は別の単語ですので、分けて考えなければなりません。

 

 

古文を読むときには、「ん」に注意が必要です。古文を読んでいて、「ん」が出てきても、「打消」の意味で読み取ってはいけません。

古文では、「ん」は「意志」や「推量」などの意味を持つ助動詞として使われます。

(「ん」は「む」と表記されることもあります。この場合、いずれも「ん」と発音します。)

 

例:

我、行か。 (私が行こう。) 「意志」〈~ウ/~ヨウ、~タイ〉

彼、行か。 (彼が行くだろう。) 「推量」〈~ダロウ、~ウ/~ヨウ〉

 

 

古文で「行かん」という言葉が出てきても、「行かない」という意味ではないので、注意しましょう。

 

 

では、中3の教科書(光村図書)で、「ん」の使われ方を確認してみましょう。

 

151ページ(『奥の細道』):

春立てる霞の空に白河の関を越え)、と…

 

「立春の頃に、霞の立ちこめる春の空の下で白川の関を越えようと…」

教科書では「超えたい」という訳がつけられています。

 

 

251ページ(『史記』):

虞や虞や 若(なんじ)を奈何(いかん)せ

 

「虞よ、虞よ、そなたをどうしよう。(どうすることもできない。)」

悲運の将軍項羽の嘆きの詩の書き下し文です。反語となっている表現にも注意しましょう。

 

 

 

「打消」の助動詞のまとめです。口語(現代文)と文語(古文)との意味の違いを確認しておきましょう。

 

 口語(現代文)  文語(古文)  例  現代語訳
打消 打消 行か 行かない
打消 完了(打消) 行き 行っ
打消 意志、推量など 行か 行こ、行くだろう

 (ivy 松村)

「ぬ」の話②

英語の「not」の働きを、英文法の用語で「否定」といいます。

同じような働きを、日本語の文法では「打消」といいます。

口語(現代文)では、一般的には「ない」を用いて「打消」を表します。

 

文語(古文)では、助動詞の「ず」を用いて「打消」を表します。

 

例:

犬、走ら。  (犬が走らない。)

 

 

「ず」は、現代でもたまにみられる言い回しですね。「ず」を使うと古風な印象を受けます。

 

ことわざや故事成語には、「ず」を使ったものが多くみられます。

それは、古くからの言い回しが受け継がれているためです。

また、フレーズとしてのリズムを損なわないように古い表現が固定されていることもあります。

 

 

ところで、「ず」の連体形は「ぬ」です。ですから、名詞に接続するときには、「ず」は「ぬ」に「変化」します。

 

例:

走ら犬。  (走らない犬。)

 

 

文語(古文)の文法に従えば、「打消」は、終止形に用いるときは「ず」、連体形に用いるときには「ぬ」と表さなければなりません。

 

しかし、時代が下るにつれて、話し言葉の中で、この「ぬ」の使われ方の「拡張」が起こりました。

つまり、終止形で「ぬ」を用いるような使われ方が受け入れられるようになってきたのです。

 

例:

→犬、走ら。  (犬が走らない。)

 

 

本来の文語(古文)の文法にもとづけば、このような言葉づかいは間違いだとされるものですが、次第に許容されるようになっていきました。

 

 

「ぬ」を「打消」の助動詞の終止形として用いるような表現が、話し言葉の中で一般的に使われるになったのは江戸時代からではないかと考えられています。

 

 

先日、中3の演習で取り上げた井原西鶴の『世間胸算用』にも以下のような記述がみられました。

 

 

「こなたのやうなる、大晦日に碁をうつてゐるところではうら

(あなたのような、大晦日に碁を打っているようなところでは(タコを)売らない)

 

 

大晦日に、タコの足を2本切って売り歩いていた魚屋が、そのいんちきを見破られて「逆切れ」する場面です。「売ら」というセリフが確認できます。

 

 

もともとは、「ぬ」と「ず」は同一の単語だとみなすべきものでした。しかし、現在では「ぬ」は「ず」とは分立した独自の助動詞であるとする考え方が一般的になっています。

 

現在の国語文法(口語文法)では、両者とも「打消」の助動詞であるとみなします。

しかし、文語(古文)では、「完了」の働きをする「ぬ」があるので要注意です。

 

例:

①犬、走ら。  (犬が走らない)「打消」

②犬、走り。  (犬が走った)「完了」

 

 

 

「打消」の①の「ぬ」は未然形が接続されるので、「走る」が「走ら」になっています。

「完了」の②の「ぬ」は連用形が接続されるので、「走る」が「走り」となっています。

 

 

 

さて、ことわざや慣用句、有名な言い回しの中には、「ぬ」が「打消」の助動詞の終止形として使われているものがいくつかあります。

その例をみてみましょう。

 

 

歯に衣着せ

ない袖は振れ

背に腹は代えられ

瓜のつるになすびはなら

泣く子と地頭には勝たれ

火のないところに煙は立た

柳の下にいつもどじょうはおら

あちらを立てればこちらが立た

為せば成る、為さねば成ら、何事も

 

 

「ぬ」の本来の形である連体形で使われていることわざの例も見てみましょう。

 

 

言わが花

知らが仏

転ば先の杖

捕ら狸の皮算用

鬼の居間に洗濯

まか種は生え

さわら神に祟りなし

桜伐る馬鹿、梅伐ら馬鹿

門前の小僧習わ経を読む

 

 

 

 

 

さらに、「ず」が使われていることわざや故事成語も紹介しましょう。

 

 

笛吹けど踊ら

親の心子知ら

歳月人を待た

覆水盆に返ら

後悔先に立た

悪銭身につか

頭隠して尻隠さ

立つ鳥跡を濁さ

木を見て森を見

仏作って魂入れ

天は二物を与え

弘法は筆を選ば

百聞は一見にしか

雀百まで踊り忘れ

転がる石に苔つか

頭かくして尻かくさ

虻蜂(あぶはち)とら

君子危うきに近よら

鹿を追う者は山を見

情けは人のためなら

論語読みの論語知ら

井の中の蛙大海を知ら

ローマは一日にして成ら

二兎を追う者は一兎をも得

虎穴に入らんば虎子を得

 

 

 

ちょっと、「打消」の助動詞「ず」の活用形を見てみましょう。

 

未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形

ざら

ざり

 

ざる

ざれ

 

ざれ

 

 

「ず」の終止形以外の活用形が用いられていることわざや故事成語もあります。

 

 

武士は食わど高楊枝

雉(きじ)も鳴かば打たれまい

過ぎたるはなお及ばざるがごとし

 

 

なお、「疑心暗鬼を生ず」のような表現には注意してください。

「生ず」は「生じる」という意味の動詞ですから、ここには「打消」の助動詞は使われていません。

 

(ivy 松村)

 

「ぬ」の話①

夏期講習に入って、中3は、集中的に古文に取り組んでいます。

 

 

高校受験の古文は、高度な文法知識よりも、読解力が重要です。

意味や文脈を類推したり、内容を大まかに把握したりする技術や能力が求められます。

 

しかし、むしろそのために、助動詞について、ある程度の文法的な知識が必要になります。

 

 

特に注意しなければならないのは「ぬ」の識別です。

これは、多くの人が一度は勘違いをする部分にちがいありません。

 

 

古文に出てくる「ぬ」にはおもに2つの用法があります。

 

 

①「打消」の助動詞「ず」の連体形である「ぬ」 (~ない)

②「完了」の助動詞「ぬ」の終止形である「ぬ」 (~た・~してしまった)

 

 

それぞれの例文を見てみましょう。

 

① 雨降らぬ日。 (雨が降らない日。)

② 雨降りぬ。 (雨が降った。)

 

 

それぞれの接続の形を確認しておきましょう。

①の「打消」の「ぬ」には未然形が接続します。ですから、「降る」は「降ら」と活用しています。

②の「完了」の「ぬ」には連用形が接続します。ですから、「降る」は「降り」と活用しています。

 

 

 

②の解釈を間違えないようにしてください。終止形の「ぬ」は「完了」の意味です。

「ぬ」は、映画のタイトルなどでもおなじみですが、勘違いしている人もいます。

 

 

「風立ちぬ」 (風が立った)

「風と共に去りぬ」 (風と共に去ってしまった)

 

 

もちろん、それぞれ「完了」の意味で使われています。

 

 

 

さて、2学期以降の予習です。

光村図書の3年の教科書を確認してみましょう。

 

 

・63ページ(俳句):

プラタナス 夜もみどりなる 夏は来ぬ    石田波郷

 

「夏は来た」という意味ですね。

 

 

・143ページ(和歌、万葉集):

東の 野に炎の 立つ見えて かへりみすれば 月傾きぬ    柿本人麻呂

 

「月は傾いている」という現代語訳が付けられていますが、「ぬ」は「完了」の意味を持つ助動詞であることに留意してください。すでに月は「傾いた」状態にあるのです。

 

 

・146ページ(和歌、古今和歌集):

秋来ぬと 目にはさやかに 見えねども 風の音にぞ おどろかれぬる    藤原敏行

 

初句は「秋が来た」となります。

(この歌は、後日もう少し詳しい文法的説明をします。)

 

 

・154ページ(『奥の細道』):

「国破れて山河あり、城春にして草青みたり」と笠打ち敷きて、時のうつるまで涙を落としはべりぬ。

 

「はべる」は「です」「ます」などに相当する敬語です。文末は、「涙を落としました」という意味になります。

 

 

 

ついでに、2年の教科書も見てみましょう。

 

 

・61ページ(短歌):

はとばまで あんずの花が 散つて来て 船といふ船は 白く塗られぬ    斎藤史

 

「白く塗られた」という意味ですね。

 

 

・134ページ(『平家物語』冒頭部分より)

たけき者も遂には滅びぬ、ひとへに風の前の塵に同じ。

 

「栄えるものも必ず滅びてしまう」という意味になりますね。

 

 

・145ページ(『徒然草』第五十二段「仁和寺にある法師」):

年ごろ思ひつること、果たしはべりぬ。

 

「長年思っていたことを、成しとげました」という意味になります。

 

(ivy 松村)