及時当「勉強」、歳月不待人。

英検の一次試験の結果が確認できました。

 

おめでとうございます。受検者は全員合格です。

 

英検の検定日は、中間テストのすぐ後になっていたため、漢検や数検に比べて十分な時間を取れなかった人もいました。それでも、受験者のみなさんは、しっかりと結果を出すことができました。英語の基礎的な学力が上がっているのだと思います。

 

準2級の受検者は予想問題や過去問で苦戦していましたが、本番では見事に合格をつかみました。努力の成果だといえるでしょう。

 

 

やはり、夏休みに取り組んだ漢字検定対策を、経験として活かすことができているのだと思います。

数検、英検と続けるうちに、「本番のテスト」に向けて学習することが板についてきました。

 

到達するべき目標に向かって、継続的に努力を積み重ねていくという、理想的な学習の「型」を獲得しつつあるということです。今後も基本に沿って、勉強を続けていきましょう。

 

 

準2級と3級の受検者は、まだ、これからもう一つの山があります。

2週間後の11月8日(日)に二次試験が行われます。

これまでと同じく、しっかり対策を立てて挑みましょう。

授業外で行う二次試験対策については、おって詳細をお知らせします。

 

 

 

さて、中間テストの結果がほぼ出そろいました。

 

出題ミスや作問ミスがいくつかあったようで、得点の調整のために、一度返却された答案の点数の増減が何件かありました。

 

 

今回は、何人かの生徒は、意識的に普段苦手にしている教科に特に力を入れて勉強していたようです。

そのため、1学期の期末試験に比べて大幅に点数を伸ばした生徒が多くいます。

 

 

※各教科の得点

 

中2 M・T 英語       +28

中3 K・A 国語       +25

中1 T.・K 数学       +23

中3 N・T 社会       +22

中2 K・H 数学       +20

中2 S・S 理科       +18

中2 K・H 数学       +18

中3 N・T 国語       +17

中1 N・T 国語       +17

中3 N・T 数学       +16

中3 O・G 社会       +15

中2 Y・K 数学       +15

中3 K・A 数学       +14

中3 N・Y 社会       +14

中3 O・G 数学       +14

中2 E・N 理科       +14

中2 K・H 理科       +14

中3 O・G 理科       +13

中2 K・H 社会       +12

中1 A・Y 理科       +10

 

 

 

通常、1学期の期末で高得点を取っている生徒は、そこから点数を大幅にアップすることが難しいので、このような「ランキング」では不利になります。

上の「ランキング」に載っていない生徒で、高得点を取っている生徒や、点数自体は下降しているけれども、依然として高得点を維持している生徒もいます。

 

 

しかし、この2学期の中間テストでは、多くの生徒が、1学期のがんばりのうえに、さらに努力を重ねることで得点を伸ばすことができました。

 

塾内でもっとも得点を上げた中3生は、5教科で「+46」を積み上げ、5教科合計を445点としました。

5教科で「+29」を上乗せした中2の生徒は、合計で441点となりました。

また、5教科で「+19」を上乗せして、合計448点となった生徒もいます。

さらに、466点という高得点を取った生徒も、5教科で「+14」の上乗せでした。

他にも、「+34」を上乗せして合計を411点とし、大台に乗せた生徒も出ています。

 

 

 

各中学の各教科の作問を行った先生の問題の作りによって、点数が乱高下することも起こっています。

同じ条件で競っているわけではないので、どうしても有利不利が出てきてしまいます。

それでも、そうしたもろもろの事情を含めたうえで、「結果」を出した人には賞賛をおくりたいと思います。

 

 

 

一方、1年生、2年生で大幅に成績が下がってしまった人もいました。

中間テスト後に「レポート」を書いてもらっています。「レポート」を通して、定期テストの準備や対策を振り返ります。

1か月後に迫った期末テストに向けて、悪かったところをしっかりと見つめ直して、立て直しを図っていきましょう。

 

 

 

10月の後半は、各中学校の「合唱祭」や「合唱コンクール」の季節です。

 

特に、今週末は多くの中学校の合唱祭が集中しています。

平山中、七生中、二中は、来週の予定ですね。

 

校舎でも、各学校の結果や感想などの話題で持ちきりです。

休憩時間に、思わず歌ってしまう生徒もいるようです。

 

 

習い事も、部活も、学校行事も精一杯取り組んでください。

そのうえで、しっかりと切り替えて、勉強に励みましょう。

 

 

中3は中学校の3者面談がはじまります。

それから英検の二次試験。

そして、期末テストです。

 

 

がんばっていきましょう。

 

(ivy 松村)

 

It’s time to start up.

日野、八王子のおもな中学校では、先週と今週、合唱祭(合唱コンクール)が行われました。

クラス対抗で行う合唱のイベントは、学校によっていろいろな呼び方があるみたいです。打越中では「文化祭」、日野四中の合唱祭は「泰花祭」と呼ぶそうですね。

 

中3の生徒にとっては、受験前の、最後の大きな学校行事でした。みんな、思いを刻もうと、かなり気合を入れて取り組んでいましたね。

 

中学生活を共にした友達と力を合わせて、精一杯頑張って、大きな結果を残したいという気持ちは、とてもよく理解できます。

練習のために、塾の授業に遅刻してくる生徒もいて、小言をいったりもしましたが、心の中では応援していました。

 

 

晴れやかな顔で結果を報告してくれた人もいれば、悔しくて泣いてしまったと打ち明けてくれた人もいました。力を出し切れたと言いながら、その表情に、悔しさを隠しきれていない人もいました。一人ひとりの心の中にそれぞれの感慨があることでしょう。

 

そして、それぞれの結果は、一人ひとりの人生の彩りとなるのでしょう。

 

しかし、えてして、心に残っていくのは、「結果」ではなく、そのときを迎えるまでの過程の中にある、とりとめもない映像や、何気ない誰かの一言だったりするのかも知れません。

 

 

ともかく、みなさん、おつかれさまでした。

 

 

 

明日から11月です。

 

週が明けて、11月の上旬に、学校で三者面談があります。

そして、11月の3週目に期末テストがあり、その結果が加味されて、2学期の「仮内申」が出されます。

その成績をもとに、12月の上旬に、もう一度、受験校を絞るための三者面談があります。

そして、12月15日に私立高校との「入試相談」が行われます。

 

これから、入試に向けて、生活が一気に加速していきます。

気合を入れ直して、取り組んでいきましょう。

 

(ivy 松村)