bluer than indigo

少し前の、中3の国語の漢文の授業で、テキストに集録されていた「出藍の誉れ」をあつかった問題を解きました。

 

 

君子曰学不可以已。

青取之於藍而青於藍、

氷水為之而寒於水。

 

君子曰はく、「学は以て已むべからず。

青は之を藍より取りて、藍より青く、

氷は水之を為して、水より寒し。」と。

 

 

「青は藍より出て藍より青し」という有名な言葉の元になった文です。

 

 

学問の大切さを説いたものであることがわかります。

 

これを述べたのは古代中国の思想家、荀子です。

荀子は、人間は生まれもって愚かな存在であると考えました。だから、よりよく生きるために、学び続けなければいけないのだ、といいたかったのかもしれません。

 

 

「藍」をそのまま放っておけば、「藍」は「藍」のままです。

「青」を得ることはできません。

しかし、正しい手順で、労力を惜しまずに作業を続けることで、素晴らしい成果を得ることができるのです。

(「藍染め」はかなり大変な作業なのです。)

 

 

つまり、努力して学び続けることで、人間は、より優れた存在になれるのだということが述べられているのです。

 

 

 

ところが、興味深いことに、「青は藍より出て藍より青し」という言葉は、現在では、かなり「特殊な文脈」で使われる成句となっています。

 

「もともとあった物よりも優れた性質の物が生み出される」という内容が敷衍されて使われるようになったのでしょう。

 

この言葉は、「弟子が、師の技量や業績を越えて、師よりも認められるようになる」ということの「たとえ」として広まっています。

 

さらに、「出藍の誉れ」という言葉も生まれましたが、やはり同様の意味で使われています。

 

 

 

「青」は「藍」という原料を用いて、正しい工程で作業を行わなければ生じない色です。

ですから、この言葉には、「優れた指導者のもとで、正しく学ぶ」という前提があるように思います。

 

 

「学問に励み、師を超えるまでになってほしい」という思いを込めて、この言葉を使う教育者も多くいらっしゃいます。

ですから、学校名や塾名でも、「青」や「藍」という字はよく用いられます。

 

 

 

とまあ、そのようなことを何気なく授業で言ったのですが、中3の生徒たちは、なかなか鋭かったのです。

 

「だからこの塾は『アイビー』なんですか。」

「いや、でも『ivy』は『植物のツタ』の意味だから・・・。」

 

ちょっとドキリとして、狼狽してしまいました。

そのときにも「種明かし」をしましたが、「藍」はこの塾の塾名とやはり関係があります。

 

 

塾名を決めるときに、英語やフランス語、ドイツ語、中国の古典などから、よい言葉はないか探していたのですが、実は、その中に「藍」もありました。

 

候補を挙げていく中で、「ivy」と「藍」がつながりました。

両者の音が重なっていたことも、塾名を決定する大きな要因だったのです。

 

あんまりグダグダと塾名の由来を説明するのも無粋なので、特に明かすこともなかったのですが、「ivy」という塾名に込めた思いは、ひとつではないのです。

 

 

「i」「v」「y」というそれぞれの文字にも意味があります。

また、小文字を使っていることにも意図があります。

 

(それはまだ、秘密にしておきます。)

 

 (ivy 松村)

塾名

学習塾をはじめるにあたって、決めなければならない重要なことが2つありました。1つは、場所です。もう1つは、塾名でした。

 

場所を自由に決めることはできません。借りたくても借りられない場所を使うことはできませんし、お金がかかりすぎるところを借りるわけにもいきません。かなり広範囲にわたって、調べました。

 

現在の場所で、良かったと思うところと、そうでないところはあります。ただ、日野市の豊田駅前に決めることができたのはよかったと思っています。

 

塾名を決めるのには、かなりの時間がかかりました。こちらは、自由に決められる分だけ、かえって悩みました。

 

漢籍、古典、フランス語やドイツ語の単語帳などを持ち歩いて、いい言葉はないか四六時中探していました。

 

不思議なもので、決まるときにはあっさりと決まってしまいました。ivyという塾名には、さまざまな意味や思いが込められています。

 

ところで、学習塾や予備校の塾名にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

伝統のある塾には、地域名や土地の名前を付けたものがありますね。代々木、駿台、四谷・・・

「名門大学」の名前や、関連のものも多いですね。早稲田、慶応・・・

「進学」「学習」「立身」などにゆかりのある言葉もよく使われます。栄、英、志、明・・・

個人名のものもあります。「河合」・・・

 

~塾、~学習塾という塾名は、やはり今でも多くあります。

80年代くらいまでは、~学園、~学院、~予備校、~会などが主流だったようです。

さらに、~館、~舎、~教室などの塾名も現れはじめます。

その後、~ゼミナール、~セミナー、~アカデミー、~スクールといった塾名が多くなります。

2000年代以降、短いカタカナ語や、アルファベットの塾名が増えています。

 

特に強く意識したわけではありませんが、「ivy」はトレンドに沿った塾名であるといえるかもしれません。


(ivy 松村)