「学歴」の中身

時代によって、「大学」の「ありよう」が大きく変わります。

 

高度経済成長期の1960年代、「大学紛争」が起こりました。

大学は荒廃し、授業も、入試も中止されました。

東大は、特に「大学紛争」が激しかった大学です。

 

当時、大学は「政治運動の場」だったわけです。

 

 

バブル期の1980年代には、大学が「レジャーランド」化していると論じられるようになりました。

この頃の大学は、「大人になる前の時期」を過ごすための、いわゆる「モラトリアムの場」としての色彩を帯びるようになります。

学業をおろそかにして遊びまわっている大学生がたくさんいました。

 

当時、大学は「遊び場」だったわけです。

 

 

そして、2010年代は、大学は、まるで「就職予備校」のようであると評されるようになりました。

現代の学生は、「就職のために」大学に進学します。そして、将来の「就職活動」の準備に余念がありません。

仕事も勉強もしないで遊びまわっている一昔前の大学生と比べれば、まったくもって感心すべきことです。

 

現在大学は、「就職の準備をする場」となっているわけです。

 

 

 

いまや「学歴」は、多くの人にとって、就職を左右する重大な関心事です。

みな、「イイ大学」に入って、「イイ会社」に入りたいと、考えています。

 

 

塾や予備校で働く人間は、みな、生徒たちに、なるべく「レベルの高い大学」に入ってほしいと願います。

 

私も、もちろんそう願っているわけですが、私の場合は、すこし他の人たちと考えが違っているかもしれません。

 

 

多くの学生は、「就職のために」大学を目指すわけですが、それのみにとらわれていては、何というか、落語の「オチ」だけを聞きたがるような、ずいぶん「もったいない行為」のように思えます。

 

 

「レベルの高い大学」に入れば、「レベルの高い学問」を修めることができます。

 

 

 

たとえば、もし、経済学を学びたいのなら、できれば、「レベルの高い国立大学」に進学したほうがいいと思います。

 

経済学は、多くの場合「文系」に分類されますが、これを「きちんと学ぶ」ためには、数学の素養が絶対に必要です。

 

ところが、一部の中堅大学の経済学部では、数学の素養を前提としない授業が行われています。もちろん、「正統な経済学の授業」もあるはずですが、「数学ができなくても経済学部を卒業できる」ような、いわば「ゆるいカリキュラム」となっているわけです。

 

そこでは、経済学を「きちんと学ぶ」ことはなかなか大変だと思います。

 

 

なぜ、数学の素養を前提としない経済学の「授業」が行なわれるのかといえば、その大学の経済学部の入試科目に、数学が含まれていないからです。

つまり、その大学の経済学部は、入学する学生に数学の素養を求めていないわけです。

したがって、数学の素養を前提とするカリキュラムを作成することはできません。

そうしてしまうことは、むしろ理不尽なことであるとさえいえます。

 

(もちろん、これは「傾向」の話をしているわけで、そういった大学の中にも多くの素晴らしい学部・学科があり、また、素晴らしい教員の方が数多くいらっしゃいます。)

 

 

 

さて、何の話をしているのかといえば、たとえ「看板」は同じでも、大学によって「中身」が全然違うということについてです。

 

当たり前の話ですが、「中身」のある大学に入ったほうが、深く学べるわけです。

どの大学に進学するかによって、「何を得るのか」が変わってきます。

 

 

「学歴」について、「一家言」をお持ちのかたは多くいますが、そのほとんどは「就職」や「生涯賃金」についてのものです。

 

もちろん、そのすべてを否定するような野暮な考えはありませんが、それでも、大学に行くのに、もうすこし「純粋な理由」を求めてもいいのではないかと思ってしまうのです。

 

 

 

近年、「学歴フィルター」というものが、世間に認知されるようになってきました。

大手の人気企業は、「就職活動」の際に、「あるレベル以下の大学」の学生の「応募」を、事実上拒絶するような措置を取っています。

 

平たくいえば、「イイ会社」は、「イイ大学」の学生しか採用しないということです。

 

そして実際、「イイ会社」に入る人は、「イイ大学」の人が圧倒的に多いわけです。

 

 

多くの人は、「イイ大学に入る」ことが「イイ会社に入る」ための「条件」だと考えてしまうわけです。

 

 

 

思慮深い視座を持てる人は、「別の現象」をとらえることができます。

 

新卒社員を募集する会社は、その学生が「どこの大学に属しているのか」ではなく、「大学で何を得たのか」ということを評価しようとしています。

 

 

なぜ、「レベルの高い大学」の学生ほど、高い評価を得られるのか。

 

それは、単純に、「レベルの高い大学」の学生は、「正統な学問」を「きちんと学ぶ」という経験を積んでいるからです。

 

結局、「学生としての本分」に誠実である学生ほど、「就職」に強いと思います。

 

 

 

「学歴」の本質は、「入学試験」にあるわけではなく、「入学後」にあると考えるべきなのです。

 

そして、「入学試験」は、その大学で学ぶ「資格」を審査するためのものであると考えるべきなのです。

 

 

(ivy 松村)

脳内DIALOGUE

※塾教師:興奮したときや饒舌に喋るときに変な関西弁がでる

※生徒:字が雑な中学2年生男子

 

 

「お前、何で学校の提出物を丁寧にやらないの?」

 

「いや~、やってるつもりなんですけど。」

 

「これ見ろよ。この字。これ何よ。」

 

nです。」

 

「どう見てもhだろ。」

 

「そうっすか?nですけど。」

 

「じゃあ、この字は何よ。」

 

hです。」

 

「両方比べてみろよ。同じだよ。」

 

「え?あ、はい。そうっすね。同じっすね(笑)。」

 

「同じっすね、じゃないよ。お前、nhを書き分けられていないってことでしょ。」

 

「あ、はい。」

 

auも書き分けられていないし。」

 

「いや~、急いで書いちゃうと、雑になっちゃいますね。」

 

「何で急いで書くのよ。いつも丁寧にやれって言っているでしょ。」

 

「ぼく、不器用なんですかね。」

 

「アホか。不器用なのと丁寧にやらないことは関係ねーよ。不器用でも丁寧にやることはできるやろ。いや、不器用なんやったら、より丁寧にやらんとあかんやろ。」

 

「でも、時間かかっちゃうんですよ。」

 

「何ゆうてんねん。時間をかけてやれ、ゆうてるんや。」

 

「そしたら、他の勉強ができなくなっちゃいます。」

 

「はあ~?何で勝手に勉強を『持ち時間制』にするんだよ。勉強時間を増やせばいいだろう。」

 

「いや~、きついっす。」

 

「何だよ、きついって。」

 

「部活とかあるし。」

 

「お前さあ、そのワーク全部終わらせるのに、どれくらい時間がかかるの?」

 

「さあ、2時間くらいじゃないっすか。」

 

「じゃあ、丁寧にやったら3時間くらいか。」

 

「そうっすね。」

 

「それだけの勉強時間も取れないの?」

 

「まあ。」

 

「お前、どんだけ御多忙の御生活を営んでんねん。」

 

「いや、けっこう忙しいんすよ。」

 

「・・・それで、その雑な提出物を出したらどうなるのよ。」

 

「どうなるんすかね。まあ、成績下がるかもしれないっす。」

 

「わかってるのに、なんでいいかげんなことするんだよ。」

 

「はあ。」

 

「お前さ、『丁寧さ』がどうして成績に関係するのか、わかる?」

 

「え?どういうことっすか。」

 

「丁寧にやらないと成績が下がるんでしょ。何でだと思う?」

 

「そういえば、そうっすね。何でなんですか?頭の良さと関係ないじゃないっすか。」

 

「『頭の良さ』っていうのは、『学力』の一部でしかないってことだよ。」

 

「どういうことっすか?」

 

「『学力』っていうのは、指示されたことに対応できる能力のことを言うんだよ。」

 

「言われたことができるかどうか、ってことですか?」

 

「そうだよ。」

 

「じゃあ、先生の言うことをきいていれば、いい成績が取れるってことですか?」

 

「そうだよ。っていうか、そうだろ?」

 

「そうっすね。・・・でも、なんか、それ、変じゃないですか?」

 

「何が変なんだよ。」

 

「ぼくら、頭良くなるために勉強しているんじゃないんですか?」

 

「本当に頭が良いっていうのは、人の言うことを聞ける奴のことを言うんだよ。」

 

「でも、学校の先生の言うこと全然聞かない奴で、頭が良い奴もいますよ。」

 

「・・・お前が言う『頭が良い』って、どういうことを言っているのよ?」

 

「え?テストで良い点を取ったり・・・。」

 

「あのな、さっきから言ってることだけど、テストの点数は、『学力』の一部でしかないんだよ。」

 

「はあ。」

 

「だから、テストで良い点取っただけでは成績が上がらないだろう?」

 

「提出物とか、授業態度とかが見られてるってことですか。」

 

「そうだよ、それが分かっているのに、提出物をいいかげんにする奴はやっぱり『頭が悪い』ってことになるだろう。」

 

「・・・。」

 

「ちょっと難しいことを言うとな、『学力』っていうのは主観的なものなのよ。」

 

「どういうことですか?」

 

「純粋な頭脳の性能を評価しているわけではないってことだよ。」

 

「ちょっと、よくわかりません。」

 

「学校の先生が自分の判断で、生徒の『学力』を評価してるってことだよ。」

 

「先生が勝手に生徒の成績をつけてるってことですよね。」

 

「『勝手』じゃねえよ。」

 

「でも、学校の先生が、えこひいきとかして、自分が気に入っている生徒だけに良い成績をつけたりしたら、やっぱりズルくないですか?」

 

「あからさまな『えこひいき』をする教師はどうしようもないと思うけどな。でも、言われたことをきちんとやらない生徒の評価を下げるのはしかたないだろう。」

 

「でも、それ、なんか違う気がするんですよ。」

 

「何が?」

 

「やっぱり、テストで良い点取った人に、良い成績がもらえないと。」

 

「・・・お前さ、テストで良い点取れる奴の何がすごいの?」

 

「え?やっぱり、『頭が良い』から・・・。」

 

「そいつはさ、『テストの能力』は優れているよ。でも、そいつが優秀な人物であるかどうかはまた別なわけ。」

 

「テストができるだけではダメってことですか?」

 

「さっきっからそう言ってるわけよ。」

 

「・・・。」

 

「・・・お前、将来なりたいもの、何かあるの?」

 

「いや、今は、そんな・・・。」

 

「ないの?」

 

「昔は、漫画家になりたかったんですけど、今は特に・・・。」

 

「まあ、これからやりたいことが見つかるかもしれないな。でも、生きていくためには何か仕事をしないといけないだろ?」

 

「そうですね。」

 

「そうすると、就職活動をして、採用してもらって、会社で働くようになるかもしれんね。」

 

「はい。」

 

「でな、よく聞くことやと思うんだけど、就職活動のとき、学歴が重要になるわけよ。」

 

「いい大学出たほうが、いい会社に入りやすいってことですか?」

 

「そう。何でだと思う?」

 

「そりゃ、いい大学出てる人の方が、使えるから・・・。」

 

「何だよ、『使える』って。お前、何様やねん。」

 

「いやー(笑)。つまり、仕事ができるってことですね。」

 

「まあ、そういうことや。お前が言うとおりにな、企業は『仕事ができる人』を採りたいと思てんねん。」

 

「はい。」

 

「学歴を持っている人は、『仕事ができる人』である可能性が高いわけや。何でだと思う?」

 

「それは・・・。」

 

「学歴を持っているということは、『学力』が高いという証でもあるよな。じゃあ、『学力』が高いということは、どういうことやった?」

 

「先生の言うことを聞く?」

 

「そうや。企業は、指示をきちんと守る人間を求めているわけや。」

 

「あー。」

 

「企業や、役所もそうやけどな、組織ってもんは、人が協力し合って仕事をしていく場なんや。そして、その中で一人ひとりに役割が与えられる。組織のメンバーは、それを忠実にこなせる人間でなければならないわけや。」

 

「いいかげんな奴が来たら困るわけですね。」

 

「その通りや。たとえばの話、食品会社や建築会社に『いいかげんな奴』がいたら、市民の生活が脅かされることになるやろ。もちろん、何かあったら会社も大損害や。」

 

「めっちゃ怖いですね。」

 

「せやからな、ある意味でな、学校は、社会の要請にしたがって、学校教育を行っているわけよ。」

 

「どういうことですか。」

 

「学校で、指示を守る生徒が評価されるような教育を行なっているのは、社会で、そういう人間が求められているからやってことや。」

 

「学校できちんと指示を守れるようにならないと、社会に出てから困るわけですね。」

 

「なんや、その気色悪い『答弁』は。」

 

「へへへ。」

 

「で、まあ、それもあるんやけど、それより、お前に言いたいのは、いいかげんな奴は『上に行く道』が閉ざされてしまうってことよ。」

 

「『上に行く道』・・・ですか?」

 

「要するにな、この世の中は、どんなにテストの点が良くても、いいかげんな奴は『いい仕事』に就けないような仕組みになっているってことだよ。」

 

「あー。」

 

お前が、そのワークをいいかげんにやるってことは、お前の将来をせばめているってことになるわけよ。わかる?」

 

「わかります。」

 

「だから、まずば、そのnを全部書き換えなさい。」

 

「え、マジっすか?」

 

「何、お前、嫌なの?」

 

「いや~、きついっす。」

 

 

(ivy 松村)

 

学校の勉強と将来の仕事

今日は、高校生が勉強に来ました。関係代名詞と関係副詞を勉強して帰りました。

中1の生徒たちは数学の補習に来ました。

それから、秋以降に英検を目指している中2の生徒が勉強に来ました。先取りで、動名詞や不定詞の説明をしました。

 

来週の土曜日は、月例テストです。テスト前に来て勉強することもできます。

しっかり準備して挑みましょう。

 

 

 

さて、期末テストが終わり、あと2週間ほどで1学期の成績が出ます。

 

年々、評定に占める定期テスト分の評価の割合が小さくなっているようです。

成績評価に、中学校の先生の「主観」的な判断が著しく反映されるようになってきたと思います。

 

いつも、定期テストが成績評価に影響するのは4割合ぐらいのつもりでいるように言っています。授業態度や提出物に対する評価が相当大きくなってきているので、気を抜かないでしっかりと取り組むように言っているのです。

 

授業プリントやノートに落書きを書いていたり、授業中にボーとしながらシャーペンをクルクル回していたりするような人に対して、中学校の先生は遠慮なく低評価をつけるでしょう。

雑な字で提出物を仕上げ、いかにも面倒なので手を抜いてやりました、という低レベルのものを平気で出している人の成績は、上がることはないでしょう。

 

 

多くの中学生はよく理解しないままに日々の生活を送っていますが、学校の成績には二面性があります。

ひとつは、当然「学力」に対する評価です。

そして、もう一つは「人間性」に対する評価です。

 

人に対する敬意を持っているか、責任感を持っているか、実直に取り組んでいるか、社会性・公共性・協調性を持っているか・・・といったことが成績評価に含まれているのです。

 

(学校の先生はそんなこと言ってないよ、と「反論」しようとする人は、アホです。

どうして、「全部」を伝えてくれると思いこんでいるのでしょう。言われなくてもやるかどうか、を見ようとしているのに。)

 

 

 

学ぶことの面白さ、とは別の次元での「勉強の意味」というものがあります。

 

 

 

中学校には、「勉強」を「労働」だと勘違いしている人がたくさんいます。

 

「来週までにワークを提出しなさい」と先生に指示されたとき、「答えを書き込んだワーク」を出せば「任務完了」だと思って安心するのです。

「言われたこと」を「言葉のまま」行えば、もうOKだと思ってしまうのです。

 

実際には、提出物の「仕上がり」によってA,B,C,D・・・とランクを付けられているのに、そんなことは想像もつかないわけです。

 

 

 

ちょっと深い話をします。

(これから書く内容は、「勉強の意義」とは異質な価値を持っているものについて述べているということに留意してください。)

 

 

高度な分業体制を構築している現代社会では、「仕事」に必要な能力や技能に応じて、職域が細分化されています。

 

「最低限の指示どおりにしか動かない人」には、「最低限の指示だけをこなしていればよい仕事」しか用意されないでしょう。どうして、いいかげんで鈍感な人間に、創造的な仕事、システムを動かす仕事、人を動かす仕事などを任せることができるでしょうか。

 

 

「学歴主義」を否定するのは簡単ですが、多くの人がその本質を見誤っています。また一方で、「学歴主義」に過度に同調する単純な思考も、やはりその本質を見失っています。

 

「学歴主義」の主眼は、人材の社会的な選抜、配置であって、その資質を涵養する場として「公教育システム」が存在しているのです。

 

 

十分に仕事を任せられるだけの素質と意思を持った人物が、不当な排除を受けたとするならば、それは大きな問題です。社会にとっても損失です。しかし、「そうではない」といえる「一般的な根拠」が存在するのであれば、それは合理的な判断というしかありません。

 

「学歴」(=学力)は「仕事」の資質であるとみなされるのです。

(だから、「学歴フィルター」というようなものが「発見」されても、多くの人が「納得」してしまうのです。)

 

 

私個人は、「学歴主義」というものは弊害も多いと思っていますが、それでも、生徒たちが積極的に「そこ」に飛び込んでいくことを肯定するだけの根拠はあると思います。

(念のために書き添えておきますが、私は、「就職」のために「学歴」を身につけろ、と主張しているのではありません。抽象的な思考が苦手な人は、しばし因果を逆に捉えます。あるいは単純過ぎる結論を渇望します。)

 

いいかげんな人間に低い評価が与えられるのは、まったく自然なことです。

提出物を出さなかったから成績が2だったと、へらへらしながら言っているような人がいます。その人は、その人にふさわしいライフコースしか歩めないのです。その人でも大丈夫な仕事しか任せてもらえないのです。

 

 

学校の勉強と「仕事」は関係ない、という人がいるかもしれません。その人は、根本的な勘違いをしています。「勉強の中身」の話ではなく、真面目に、ていねいにものごとに取り組むかどうか、の話をしているのです。計算が得意かどうかとか英文法が理解できるかどうかの話ではありません。

 

「仕事をするうえで最も重要な資質」についての話をしているのです。

 

 

勉強が苦手な人はたくさんいるでしょう。

しかし、勉強が苦手なことと、いいかげんなことは別なのです。

 

あるいは、勉強はできるけれど、いいかげんな人もいるでしょう。

「言われたから」しょうがなく勉強をしている、というような、動機の希薄な人は、誠実に勉強に向き合えません。未来のために、あるいは誰かのために、または自分のために勉強している人に、いつか負けてしまうでしょう。いや、その前に、「自分」に負けてしまうにちがいありません。

 

 

 

(今日ここに書いた内容が、全く心に響かない人もいるでしょう。何を書いているのか、さっぱりわからない人もいるでしょう。でも、ほんの一握り、私の説明を理解し、人生を変えていこうという意思を持つことができる人もいるはずだと信じています。その人のために書きました。難しい言葉を使って書きましたが、理解したいと思える人は、努力して読もうとするでしょう。)

 

 

(ivy 松村)