中2国語 教科書解説「扇の的」

◎「平家物語」

 

・成立:鎌倉時代

・ジャンル:軍記物語

・琵琶法師による弾き語り(平曲)

・平家一門の繁栄と滅亡を描く

・仏教的「無常観」があらわれている

・七五調

 

 

 

◎扇の的

 

 

◆読解のポイント

 

 

※平家側が、扇を舟の端に立て、射落としてみよ、と挑発する

※大将の義経は、与一に命じて射させようとする

※与一は、一度は辞退するが、義経の命令を断ることができなかった

 

※与一のおかれた状況

・夕暮れを迎えた酉の刻(午後六時ごろ)…視界が悪い

・海へ馬で乗り入れて、馬上から扇を狙う

・扇までの距離は四十間(約72メートル)

・主人の義経の命令は絶対であって、辞退できない

・激しい北風のため、波が高い…扇が揺れ動く

・源氏と平家、両軍の観衆の注目の中で的を狙う

 

 

☆「いづれもいづれも晴れならずといふことぞなき。」→実に晴がましい(晴れ舞台)

・敵からも味方からも注目され、弓の腕前を見せるにはこれ以上ない場面であるということ。

 

 

※与一は、目を閉じて自分の故郷の神仏に祈る

・射損じれば、自ら死ぬ覚悟

・「自分をもう一度故郷に帰らせようと思われるならば、この矢を外させないでください」

 

☆「これを射損ずるものならば、弓切り折り自害して、人に二度面を向かふべからず。」

・個人の命よりも名誉を重んじる「武士の美意識」(義経の「弓流し」に共通する考え方)

 

 

※目を開けると、風が弱まり、扇が狙いやすくなった

 

※与一は矢を十分に引き絞って射る。

 

※与一の放った矢は、扇を射切った。

 

※与一の弓の腕前に感心した平家の男が、舞を舞った。

・「黒革をどしの鎧」の男は、与一の見事なわざに感動し、敵である与一をたたえる風流心をもった人物

 

※与一のところに、義経の使いがやってきて、「(義経の)命令である。射よ。」と言う。

 

※与一は、男を射倒す。

・与一は、自分をたたえている男を射殺したことになる

・義経の命令は絶対で、断ることはできない

 

※「ああ、よく射た。」(みごとだ)と言う者もいれば、「心にもないことを。」(ひどいことをするものだ)と言う者もいた。

 

 

 

◆表現のポイント

 

 

〇擬音語・擬態語

 

・よつぴいてひやうど放つ  「ひょう(ど)」(擬音語)

ひいふつとぞ射切つたる  「ひいふっ(と)」(擬音語)

ひやうふつと射て  「ひょうふっ(と)」(擬音語)

・海へさつとぞ散つたりける  「さっ(と)」(擬態語)

 

 

 

〇対句(対比表現)

 

沖には平家、船を一面に並べて見物す。

陸には源氏、くつばみを並べてこれを見る。

 

 

かぶらは海へ入りければ、

扇は空へぞ上りける。

 

 

沖には平家、船ばたをたたいて感じたり。

陸には源氏、えびらをたたいてどよめきけり。

 

 

平家の方には音もせず、

源氏の方にはまたえびらをたたいてどよめきけり。〔対比の表現〕

 

 

 

〇色彩の表現

 

「夕日のかかやいたるに、皆紅の扇の日出だしたるが、白波の上に漂ひ、浮きぬ沈みぬ揺られければ・・・」

 

・夕日→(赤)

・白波→白

・「皆紅の扇」→赤

・「日出だしたる」→金色

 

*与一が狙った扇は、赤い色で、真ん中が丸く金色に塗られている

 

 

 

◆歴史的仮名遣い

 

 

①にんぐわつ

②をりふし

③揺りすゑ漂へば

④につくわう

⑤願はくは

⑥向かふべからず

⑦この矢はづさせたまうな

⑧なつたりける

⑨よつぴいてひやうど

⑩こひやうといふぢやう

⑪みなぐれなゐ

⑫ごぢやうぞ

⑬よつぴいて

⑭しや頸

⑮ひやうふつと

⑯義経の弓といはば

⑰弓のやうならば

⑱わうじやくたる

⑲てうろうせんずる

⑳のたまへば

 

 

※答え

 

①にんがつ

②おりふし

③ゆりすえただよえば

④にっこう

⑤ねがわくは

⑥むこうべからず

⑦このやはずさせたもうな

⑧なったりける

⑨よっぴいてひょうど

⑩こひょうというじょう

⑪みなぐれない

⑫ごじょうぞ

⑬よっぴいて

⑭しゃくび

⑮ひょうふっと

⑯よしつねのゆみといわば

⑰ゆみのようならば

⑱おうじゃくたる

⑲ちょうろうせんずる

⑳のたまえば

 

 

(ivy 松村)