言われてうれしい「ご苦労様」

毎年、入試の時期になると、生徒が受験する高校まで「入試応援」に行くのですが、高校の先生方から「ご苦労様です。」と声をかけていただくことがあります。

 

ねぎらいの言葉をもらうと、やはりうれしい気持ちになるのですが、最近、この「ご苦労様」はずいぶん「誤解」されているようです。

 

 

少し前に、大阪の選挙で、選挙管理委員の方が、投票に来た住民の方に「ご苦労様です。」と声をかけたら、激怒されて、ちょっとした「事件」になってしまったというニュースがありました。

 

腹を立てた人の「言い分」は、「ご苦労様」は「目下の者」に対して使う言葉であるというものでした。つまり、自分は見下されたと思ってしまったということなのでしょう。

 

 

こういうニュースはとても怖いと感じます。そう感じる人がいるのなら、「ご苦労様」は使わないようにしよう、と思ってしまう人も多いと思います。

 

 

 

・「目上の人」に対しては「お疲れ様」

・「目下の人」に対しては「ご苦労様」

 

このように思い込んでいる人は少なくありません。

 

これは、明らかな「間違い」です。

しかし、そのような認識が広まりつつあります。

 

 

 

古い小説やドラマあるいはマンガなどを見ていると、「ご苦労様」という表現がよく出てきます。

 

たとえば、サザエさんの家に配達に来た酒屋のサブちゃんに向かって、サザエさんが「ご苦労様。」と声をかけます。

これは、サブちゃんが「目下」だからではありません。

 

仕事から帰ってきて、疲れた様子のマスオさんに、サザエさんが「ご苦労様でしたね。」と声をかけます。

もちろん、マスオさんが「目下」だからではありません(よね)。

 

パトロールをするお巡りさんに対して、「ご苦労様です。」と地域の人が声をかけるのは、昔はありふれた光景でした。

 

若いサラリーマンが、株主総会に出向く社長に向かって「ご苦労様です。」といって頭を下げる場面もあります。

 

 

 

「ご苦労様」は「目下の人」に対してのみ使うものではありません。

 

「つとめ」を行っている人に対して使われる「ねぎらい」の言葉なのです。

 

 

サブちゃんは酒屋の「仕事」としてサザエさんのうちに来ています。

 

マスオさんは、「家長」としての「つとめ」を日々果たしているわけです。

 

言うまでもなく、お巡りさんは、その「つとめ」に対して「ご苦労様」と声をかけられたわけです。

 

同様に、組織の長であっても、その「つとめ」として行動しているときには、「ご苦労様」と声をかけるのが正しいわけです。

 

 

また、冒頭の「入試応援」の例では、私は塾の教師の「つとめ」として高校に出向いているわけですから、「ご苦労様」と声をかけていただくのが正しいわけです。

 

そして、ニュースになった「ご苦労様」ですが、選挙管理委員の方は、住民(市民)の「つとめ」として投票に来られたという認識で、そう声をかけたわけです。

 

 

「ご苦労様」は、本来、責任や義理にともなう労務を行っている人に対して、いたわりの気持ちをあらわす美しい言葉なのです。

 

「ご苦労様」の「誤解」が広まっていくのを、しのびなく思います。

 

 

逆に、例えば、趣味で山登りや魚釣りなどに行って、疲れて帰ってきた人に対して「ご苦労様」は、おかしくなります。好きでやっていることに対しては使わないわけです。

 

 

 

このようなまちがいが広まった背景を考えてみました。

 

まず、「目上の人」は「ご苦労様」を使うことが多いということが挙げられます。

 

会社のような組織の中で、日常的に「上司」は「部下」に指示を出します。

その任務を果たしたときに、「上司」は「部下」に「ご苦労様」と声をかけることになります。

なぜならば、「部下」は、組織のなかでの「つとめ」として行動しているからです。

 

「ご苦労様」は、その「状況」によって選択される言葉なのですが、「目上の人」が「目下の人」に対して頻繁に使うので、固定的な「立場」によって使用される言葉であると勘違いしてしまう人が増えたわけです。

 

 

そして、そのために、「上下関係」を明らかにする目的で使われる例がみられるようになってきました。

まあ、つまり、くだらない行為だと感じますが、「自分はお前より『目上』だ」ということを相手に突きつけるために、「ご苦労様」を使うような人がいるわけですね。

(こういう人はちょっと滑稽ですよね。)

いずれにしても、その結果、「ご苦労様」は「目下の者」に使う言葉であるという認識が強化されたのです。

 

 

さらに、大きな影響を及ばしているのが「ビジネスマナー屋」の存在です。会社の研修などでビジネスマナーを教える仕事をしている人たちがいるのですが、要するに、この人たちが「ご苦労様」の「間違った解釈」を広めてしまったわけです。

 

 

 

私は、「ご苦労様」はとても美しい言葉だと思っているのですが、最近は使うのがはばかられるようになってきました。

「目下の人」に対して使う言葉だと信じる人が増えてきたからです。

 

相手のことを慮ればこそ、「ご苦労様」が使えなくなっていくわけです。

 

 

 

「コンビニ敬語」に対しても同じようなことがいえると思います。

 

相手が「過剰な敬語」を求め、それを使わないことをとがめるのであれば、相手のために、わかっていてもまちがった言葉づかいをすることがあります。

 

 

結局、言葉は、正しいかどうかよりも、相手への配慮が優先されるという性質を持っているということなのでしょう。

 

 

「言葉」はコミュニケーションを媒介するものです。

「言う側」と「言われる側」という主客を反復的に結び付けます。

ですから、両者の心理的な作用によって変質していくわけです。

 

「言われる側」の心理というものも、実は非常に大きな要素になっていると思います。

 

 

 

そんな浮世で、正しく「ご苦労様」と声をかけていただくと、本当に元気が出てきます。

 

 

 (ivy 松村)

 

 

ブログのほうを書かせていただいております

昨年度の中1の国語のテキストに「敬語」にについて書かれた印象深い文章が掲載されていました。

それは金田一秀穂氏の文章で、「コンビニ敬語」について述べられたものでした。

 

 

例:

「千円からお預かりします。」

「こちらが牛丼弁当になります。」

「お箸のほうはお付けしますか。」

 

 

本来の敬語:

(千円、お預かりします。) ※「千円、頂戴します。」

(こちらが牛丼弁当です。) ※「こちらが牛丼弁当でございます。」

(お箸をお付けしますか。) ※「お箸をお付けいたしましょうか。」

 

 

上のような例が挙げられ、なぜそういった「奇妙な」敬語が広まっていったのかを分析した文章でした。

 

ちなみに、生徒たちは、どこがまちがっているのかわからない様子でした。

これから身につけていきましょう。

 

 

金田一氏は、以下のような理由を挙げていました。

 

・少ない会話のなかに、できるだけ丁寧な要素を盛り込もうとするため

・「接客敬語」は、普通敬語とは異なったものであるから

・「仰々しい敬語」よりも、「自分に見合った敬語」を使いたいという意識がはたらくから

 

 

「できるだけ丁寧な要素を盛り込もうとする」という説明は、私にも身に覚えのあることなので、なるほど、と感じました。

 

余計な助詞や接頭語、形式名詞、補助語などを、つい付け足してしまうことがあるのですね。

 

 

 

そのうちのひとつ、「~(さ)せていただく」が口癖になってしまっている人も多いのではないかと思います。

私も、つい、過剰に使ってしまうことがあります。

 

 

 

「~(さ)せていただく」というのは、本来、相手に対して「自分の意志を実行する」ときに使われる表現です。

 

「(さ)せる」には「使役」の意味があります。

「相手によって自分の行動が規制されている」という構図を(無理にでも)形作ることで、自分が行いたいことを相手に了承させようとしているわけです。

 

たとえば、「私から説明させていただきます。」というような使いかたをするときですね。

 

 

この用法は、相手の立場や事情に関係なく、自分の意志を押し通す、というニュアンスを帯びるため、ちょっと注意して使わなければならないものです。

 

たとえば、人が集まっている中で自分だけが帰ろうとする際、「そろそろ私は・・・」とか、「この後用事が・・・」という表現を使うのではなく、「帰らせていただきます。」と言った場合には、「あなたがなんと言おうと私は帰るつもりだ」という「意志」を表すことになるわけです。

 

場合によっては、「自分は非常に不快な思いをしたので、この場を立ち去るのだ」という心情を込めて使われることさえあります。

 

 

 

一方で、別の用法もあります。

「使役」を敷衍すれば「相手が自分の行動を認める」という意味内容が生じます。

そこで、「~(さ)せていただく」という表現を「誰かの厚意や許しを得て、希望がかなう」という状況を言い表すために使うことができるわけです。

 

たとえば、「ご一緒させていただくことになった。」というような使い方をするときですね。

 

しかし、この場合も、文脈によっては「自分がそうしたかったので」「迷惑だったかもしれないが」というような微妙なニュアンスを発生させます。

それは、「~(さ)せていただく」という表現が、本来「自分の意志を実行する」という意図で使われるものだからです。

 

 

一方、この用法は、自分の意志や能力でものごとを決定する立場にある人が「あえて」使うのであれば「謙遜さ」や「つつましさ」を演出することができます。

 

圧倒的な強さでオリンピックの選考会を勝ち抜いたスポーツ選手が、「オリンピックに出場させていただくことになりました。」と言えば、なんて謙虚な人なんだろう、と思われるわけです。「周りの人々に支えてもらったおかげで」という「暗示」になるからです。

 

また、文章家などに対して「最新作を読ませていただきました。」と伝えるようなコミュニケーションもみられるようになりました。これは、「あなたが書いてくれたおかげで、読むことができました」というような意を含むと解釈されるので、立派に(?)謙譲語として機能するからです。

 

 

 

「~(さ)せていただく」という言い方は、テレビに出演する「芸能人」の言葉づかいが広まっていったのだろうと思っています。

 

テレビの中では、「出演させていただいた」「歌わせていただいた」というような表現が多く使われます。

 

この表現は、「芸能人」にとって非常に「効果」のある表現なのだろうと思います。

 

まず、何といっても、「へりくだっている印象」が醸し出されるので、視聴者の「好感度」が上がります。あの人は「芸能人」という「特別な存在」であるにもかかわらず、低姿勢で遠慮深い態度を示している(感心!)というわけです。

 

 

しかし、一部の視聴者は気づいていることですが、彼らは、実は、視聴者にへりくだっているのではなく、プロデューサーなどの「制作者」に対してへりくだっているのです。

「ありがたいことに、番組に出演させていただけることになりました。」というような「不思議な言葉づかいのメッセージ」は、番組をチェックしている、企画やキャスティングの権限を持っている人たちに向けて発せられたものなのです。

 

 

 

世間に広く浸透してしまった「~(さ)せていただく」という言葉づかい。

使い勝手がいいので、つい使いたくなって困ります。

 

なるべく丁寧さを詰め込もうとして、付け足してしまうわけです。

 

 

たとえば、「お得なキャンペーンをお知らせしたくて、お電話させていただきました。」というような使い方です。

 

「電話しました」だと、自分が素っ気ない態度を取っているような気がして、不安になってくるわけです。

 

 

その「敬意」が伝わるのならまだいいのですが、言われたほうが、その言い方になんとなく違和感を覚えてしまうことがあります。あまりいい気分にならないこともあります。

 

それは「~(さ)せていただく」という言葉から、「自分の意志」を押し通そうとするニュアンスが染み出てきてしまうからです。

 

相手を持ち上げようと、過剰に言葉を盛り込んだ結果、相手をぞんざいに扱うような言葉づかいになってしまっているのです。

 

 

注意しながら使わせていただかなければなりませんね

注意しながら、使わなければなりませんね。

 

 

 

ちなみに、受験業界にも、「お受験」とか「合格をいただく」とか「ご縁をいただく」などの「過剰な敬語」があふれています。

 

こうした表現は、今では一般化しつつありますね。

 

(ivy 松村)

 

国語 解説「敬語」(中2中間テスト解説)

「敬語」は、3つに分類できます。

 

 

・丁寧語(ていねいな表現)

・尊敬語(相手を「もち上げて」相手に敬意を表す)

・謙譲語(自分が「へりくだって」相手に敬意を表す)

 

 

 

◎丁寧語

 

※「です」「ます」

 

助動詞「です」「ます」の活用に注意しましょう。

 

「ません/ましょう/ました/ますれば/ませ(まし)」

「でしょう/でした」

 

・走る+丁寧+た →走りました

・走る+丁寧+ない+た →走りませんでした

・走る+丁寧+う →走るでしょう

・走る+丁寧+た+う  →走ったでしょう

・机++丁寧+た →机でした

・机+丁寧+ない+た →机ではありませんでした 

・寒い+丁寧+た →寒かったです

・寒い+丁寧+ない+た →寒くありませんでした(寒くなかったです)

 

※ある、いる→「ございます」「おります」

 

・ペンはあるか →ペンはありますか →ペンはございますか

・勉強している →勉強しています →勉強しております

 

 

形容詞に「ございます」を接続するときには、特別な活用をします。

これを「ウ音便」といいます。

 

熱い+ございます →熱ございます

美しい+ございます →美しゅうございます

 

 

※美化語

 

お菓子 お米 お弁当 ご飯 ご馳走

 

※こちら、そちら、あちら、どちら

 

 

 

◎尊敬語

 

「相手」、「話題の人」に対して用います。

 

 

①れる られる                      先生が話される

②お~になる お~なさる       先生が話になる。先生が話しなさる

③お~くださる くださる         先生が話しくださる。先生が話してくださる

④「いる」→いらっしゃる     先生が話していらっしゃる

⑤敬語動詞                               先生がおっしゃる

 

 

※ お名前  お言葉 ご予定 ご案内 ご結婚 ご入学

※ 先生 どなた こちら お父上  ~様

 

 

 

同じ「お」「ご」がつく言葉でも、「お茶」や「ご飯」は、自分に対しても、相手に対しても使えるものですね。

 

「お茶はいかがですか。」(相手に対して)

「お茶を飲みます。」(自分に対して)

 

このような場合は「丁寧語」になります。

 

一方、「お名前」「ご結婚」は自分に対しては使えません。

 

×「私のお名前は松村です。」

×「私はご結婚します。」

 

「相手」「話題の人」に対してのみ使うことができるものなので、これらは「尊敬語」ということになるのです。

 

 

 

◎謙譲語

 

「自分」「身内」に対して用います。

 

①お~する お~いたす                 私が見せます。父がいたします。

②お~申す(申し上げる)              見舞い申し上げます。

③あげる さしあげる                  部長に読んで差し上げる

④「もらう」→いただく               部長に読んでいただく

⑤拝~                                         先生の本を拝借する

⑥敬語動詞                                   父がご覧にいれます。

 

 

 

・謙譲語は「ます」などの丁寧語といっしょに用いることが多い。

 

 

※わたくし 粗品(つまらないもの) 愚息 小社 父 祖母 てまえども

 

 

自分や身内(家族)に対して、へりくだった言い方をします。

 

生徒のみなさんも、お家の人が知り合いにあいさつをするときに「出来の悪い息子(娘)ですが・・・」と言われることがあると思います。

 

もしかすると、「そんなことわざわざ言わなくてもいいのに・・・」と心の中で感じていた人もいるかもしれません。

 

あれは、「敬語」の一種ですよ。

お家の人は、日本文化のコミュニケーションのマナーに則って行動されているのです。

 

 

 

◎敬語動詞一覧

 

尊敬語 謙譲語
いる いらっしゃる おる
行く・来る いらっしゃる 参る
お越しになる
おいでになる
来る (お見えになる)
言う・話す おっしゃる 申す
仰せになる 申し上げる
思う・知る (ご存じ) 存じる
存じ上げる
着る 召す
くれる くださる
やる 差し上げる
進呈する
もらう お受けになる 頂戴する
賜る
頂く
食べる・飲む 召しあがる 頂く
する・行う なさる いたす
聞く (お聞きになる) 承る
拝聴する
伺う
尋ねる・訪問する 伺う
お邪魔する
寝る お休みになる  ―
見せる ご覧に入れる
お目にかける
会う お目にかかる
見る ご覧になる 拝見する
買う お求めになる  ―
知らせる お耳に入れる
借りる 拝借する
気に入る お気に召す
承諾する かしこまる
読む 拝読する
帰る 失礼する

 

 

 (ivy 松村)