秀吉のこと⑤

秀吉は、関白の「位」を世襲とすることで、豊臣氏の支配体制を継続していこうと考えました。

 

秀吉は、征夷大将軍にはなりませんでした。

 

 

秀吉が「幕府」を開くことができていれば、「豊臣政権」は安泰で、滅ぼされることはなかったと考える人もいるかもしれませんが、それは正しくありません。

 

また、秀吉が農民出身であったために、征夷大将軍になれなかったのだと信じている人もいるかもしれません。しかし、それは「迷信」です。

 

他にも、「源氏」の血統でなければ征夷大将軍になれないのだ、という「俗説」が聞かれることがあります。それもまちがっています。

 

 

まず、歴史上、「源氏」の血統ではないにもかかわらず、征夷大将軍となった人物が何人かいます。

 

また、「平氏」の血統であるとされる織田信長は、朝廷から、征夷大将軍・太政大臣・関白のいずれかの「位」を打診されたということになっています。(これには諸説あって、詳細はわかっていないのですが。)

 

 

 

秀吉は征夷大将軍という「位」に固執しませんでした。

それは、いくつかの理由があったためだと考えられています。

 

 

①足利義昭が存命だったため

②秀吉は「東国」、特に関東に対して強い影響力を持っていなかったため

③関白の方が征夷大将軍よりも「位」が高く、それを得るチャンスが訪れたため

④武家と公家を統合する体制を志向していたため

 

 

 

秀吉の時代には、征夷大将軍を、「天下人の称号」であるとみなす考えはありませんでした。

それは、後世に確立したものです。

 

そもそも、秀吉の時代には、征夷大将軍は足利家が受け継ぐ「地位」であるという認識が、世間に強くありました。

 

 

また、征夷大将軍は、その由来から、「東国」の支配権を確立した武士に与えられるものであるという考えが、強くありました。

 

源頼朝も、足利尊氏も、関東を「根拠地」とする武士の棟梁でした。

 

信長は、武田氏を亡ぼし、北条氏を臣従させて、関東の覇権をほぼ手に入れつつありました。

そのため、征夷大将軍の「要件」を満たしていました。

 

また、後に征夷大将軍となる徳川家康は、名実ともに関東の支配者となりました。

したがって、その「要件」をクリアしています。

 

 

一方、秀吉は、「天下統一」 の「仕上げ」の段階まで、「東国」に強く介入することはありませんでした。

 

 

秀吉の戦い方は、あるときから大きく変わります。

中国攻めの頃から、秀吉は、なるべく軍勢を「戦闘させない」戦い方を好むようになります。

「兵糧攻め」や「水攻め」を多用するようになります。さらに、「調略」が作戦の中心になります。外交交渉や利害調整などによって、敵の陣営を切り崩したり、敵を味方に引き入れたりすることで、城を落としたり支配地域を広げたりするやり方を得意とするようになります。

 

秀吉が、信長の中国方面軍の司令官になって以降、「ガチンコ」の戦をしたのは、明智光秀を討った「山崎の戦い」くらいです。

 

秀吉の「真骨頂」は、「清須会議」で発揮されます。織田家の宿老会議を、「調略」によって、自分に有利にまとめ上げたわけです。

その後、柴田勝家を討った「賤ケ岳合戦」や、家康と戦った「小牧・長久手の戦い」でも、やはり「調略」や包囲戦を戦略の基本としています。

 

 

「小牧・長久手の戦い」で、もし、秀吉が、家康を攻め滅ぼそうと思ったならば、それは十分可能でした。両陣営の戦力差は非常に大きいものでした。

 

しかし、秀吉は、自分の軍勢を消耗させてまで家康を討とうとは考えませんでした。

すでに、天下統一の道筋を見すえていたからでしょう。家康を従えることで、早急に「統一事業」を進めようと考えたわけです。

 

 

その「足跡」を詳細にたどってみると、秀吉の、「合理主義者」としての顔がくっきりと見えてきます。それは、多くの人がイメージする秀吉の「人物像」とは違っているかもしれません。

 

 

後の歴史からみれば、家康を滅ぼさずに関東へ入封させたのは、「失策」だったように思えます。しかし、それは、事後的な分析にしかず、当時の秀吉の行動は、考え得る限りの「最善手」であったということなのでしょう。

 

 

 

「小田原征伐」を行って北条氏を打ち滅ぼし、直接関東を掌握する前に、秀吉は関白となりました。

そして、その関白という位階を媒介として豊臣政権を継承していく体制を、構想したのです。

 

そのため、征夷大将軍にこだわることはなかったのです。

 

 

 

さらに付け加えるならば、秀吉は、その「キャリア」の大半を西日本で過ごしています。

そのため、「東国」よりも、「畿内の政治構造」に、強く意識づけられていたはずです。

 

これは想像ですが、秀吉は、その政策スキームの模範を、足利義満に求めていて、義満が行ったように、武家の政治実権と、朝廷・公家の権威とを直接結び付ける政治体制を確立しようと考えていたのではないか思います。聚楽第は、その象徴だったのかもしれません。

 

 

 

今回は、豊臣秀吉という歴史の重要人物を題材として、様々な事柄を紹介してきました。

何百年もの間、私たちが秀吉に魅了され続けるのは、秀吉の、戦国の世を全力で駆け抜けるその「躍動感」が、私たちを元気づけるからのだろうと思います。

 

そして同時に、その栄達の「はかなさ」が、私たちの心を打つのだと思います。

勝新太郎さんがそう演じたように。

 

 

そう考えると、秀吉の辞世の句には、格別の趣があります。

人間味と情緒にあふれるこの句を知って、また秀吉を好きになる人も多いと思います。

 

 

秀吉の辞世の句:

 

「露と落ち 露と消えにし 我が身かな 難波のことも 夢のまた夢」

 

 

(ivy 松村)

秀吉のこと④

先述したように、一般的には、秀吉の人生の「色彩」は、前半と後半で大きく異なっていると考えられています。

その「人物像」が、劇的に変転するとみなされているわけです。

 

そのため、大河ドラマなどで秀吉を演じるのは、軽妙な演技と重厚な芝居の両方ができる役者でなければなりません。

 

数多くの実力派俳優が、歴代の大河ドラマで秀吉を演じてきました。

 

中でも、竹中直人さんの『秀吉』は高く評価されています。

後半の脚本は意見が分かれるところだと思いますが、多くの人が、「秀吉といえば、竹中直人」と思い浮かべるまでに「完璧な秀吉」を演じられました。

 

(竹中直人さんは、ちょっと「いたずら好き」なところがあるような気がしていて、石田三成を演じる真田広之さんの顔面を容赦なく泥水に押し付けて罵倒したり、秀吉の弟秀長を演じる高嶋政伸さんが死ぬ場面で、執拗に高嶋さんの体を揺らして叫び続けたりする演技をしていて、それは、おそらく「アドリブ」なのだろうと思いますが、「鬼気迫る演技」と「ギャグ」は紙一重なのだなあ、と改めて思い知らされたのです。そのときの真田さんや高嶋さんの「表情」がいまだに忘れられません。)

 

 

 

私が特に好きなのは、『独眼竜正宗』で秀吉を演じた勝新太郎さんです。

 

勝新太郎さん扮する秀吉に、若き日の渡辺謙さん扮する伊達政宗が「謁見」する場面は、歴代大河ドラマ屈指の名場面であるとされています。

 

その場面で、勝新太郎さんは、周りの演者、スタッフを完全に「支配」していました。

圧倒的な存在感、威圧感で、役者として、そして絶対的な権力者である秀吉として、勝新太郎さんは、そのシーン全体を制圧し、飲み込んでしまっています。

 

「勝新太郎」という役者にとっては、自らの器量でその場を飲み込んでしまうことさえ、「計算」だったのでしょう。稀代の名優にとってみれば、「秀吉の貫禄を演じた」だけのことなのでしょう。

 

 

そんな勝新太郎さん扮する秀吉の「登場の場面」に脚光が集まりますが、その「去り際」、つまり秀吉が死ぬ場面は、それにまさるとも劣らない名演です。

 

その弱々しく憫然たる「死様」は、「衝撃的」でさえあります。

権力の絶頂にあった「天下人」が、憐れみを乞いながら息を引き取るまでの、瀕死の所作と表情から、目を離すことができません。

 

勝新太郎さんは、おそらく、この「死様」と「登場の場面」を同調させて演じています。

つまり、「登場の場面」が引き立つように「死様」を演じ、また、「死様」をより印象付けるために「登場の場面」を演じているわけです。

 

それだけでなく、数々の場面で見せる傲慢、豪壮、奢侈な振る舞いは、すべて「死に際の演技」のための「伏線」であったはずです。

徹底的で綿密な構成力と、それを可能たらしめる卓越した演技力。何もかもが「けた外れ」の俳優だと思います。

 

 

 

私がイメージする「秀吉像」に、もっとも近いのが勝新太郎さんの「秀吉」です。

 

秀吉は、きっと若いころから、才覚と風格をみなぎらせた武将だったのだろうと想像します。

 

 

(ivy 松村)

 

 

秀吉のこと③

秀吉が、織田信長に「サル」という「あだ名」で呼ばれていたことはよく知られています。

 

 

信長は少し「お茶目」なところがあったのだろうと思います。愛情を、「悪口」で表す性格だったようです。

 

秀吉はむしろ「はげねずみ」と呼ばれていたことがわかっています。明智光秀は「キンカン頭」と呼ばれていました。

また、信長は、自分の息子にも「奇妙丸」とか「茶筅丸」とか「三七」とか、けっこう「不思議な名前」をつけています。

 

 

それにしても、「サル」という「あだ名」は、現代の私たちからすると、少し「ドキッ」とします。

「差別的なニュアンス」を感じる人も多いと思います。

 

 

実は、その「感覚」というのは、まったくもって「近代的」なものです。

 

 

猿は、日本人にとって、親しみのある身近な動物でした。

 

「西遊記」に登場する猿の妖怪、孫悟空は、歴史上、日本でもっとも人気のある外国のキャラクターです。

日本の物語にも猿はよく登場します。特に「桃太郎」です。猿は、献身的な家来として描かれます。

猿は、知恵を持った動物であることから、賢しい悪だくみをする敵役としてあらわれることもあります。「猿蟹合戦」です。

 

 

 

「サル」という言葉が、人格を否定するような侮辱的な中傷であると見なされるようになったのは、「進化論」が原因です。

つまり、人類の「祖先」は「猿」であるという観念が、その下地になっているわけです。

 

「進化論」が一世を風靡する前の、19世紀以前の世界では、猿は、賢い動物であるとみなされていました。

それが一変、「劣った存在」の暗喩とみなされるようになったわけです。

 

 

 

もちろん、信長の時代にはそのようなものの見方は存在していませんでした。

実は、信長が本当に秀吉を「サル」と呼んでいたかどうかは定かではないのですが、もし、そうであったとしても、信長はただ単純に猿に似ていた秀吉を「サル」と呼んでいたのでしょう。

 

それもまあ、ひどいといえばひどいのでしょうが、信長なりの愛情表現だったのかもしれません。

 

 

(ivy 松村)

秀吉のこと②

秀吉は、現代でも数多くの創作物に登場する、日本で最も人気のある歴史上の人物の一人です。

 

数多くの物語に登場する秀吉ですが、その「青年期」の「イメージ」は一様で、画一的です。

 

すなわち、機知と忍耐強さ、そして陽気さと運気を兼ねそなえた人物というのが、ステレオタイプの秀吉像です。

さらに、農民出身という「属性」から、粗野で俗っぽいけれど、気取りがなく直情的、万人に好かれる性格として描かれます。

 

 

これは、おそらく、織田信長との「対比」によって形成された「人物像」なのだと思います。

信長は、「孤高の存在」です。多くの場合、鋭い頭脳と豪胆な決断力を持った、冷酷非情な「カリスマ」として描かれます。

 

 

たとえば、信長は、独断でものごとを決めていく「暴君」です。

一方、秀吉は、弟の秀長、竹中半兵衛、黒田官兵衛、千利休、石田三成等、多くの「ブレーン」に支えられて成功を収めます。

 

さらに、信長は、乱暴な振る舞いをしつつも、進取の気風が盛んであり、風流を解する知性と感性を持った文化人として描かれます。

一方、秀吉は、たぐいまれな才知を持ちつつも、教養に乏しく、豪奢、絢爛な粉飾を好む卑俗な面を持った「成り上がり者」として描かれます。

 

また、信長は悲運の存在、秀吉は豪運の持ち主とみなされます。

 

 

信長と秀吉は「まったく対照的な個性」を有しています。

 

 

2人の英雄の物語は、400年間日本社会で語り継がれてきました。

その過程で、信長と秀吉の「人物像」が、日本人の中に形作られ、受け継がれてきたわけです。その中で、両者は、お互いをより引き立てるために、まったく両極端のキャラクターとして描かれるようになったのでしょう。

 

 

 

秀吉の親しみ深い「イメージ」は、ある意味で、今日の創作物における人物造形の一類型を代表しています。

 

しかし、よく知られているように、秀吉の「人物像」は、その前半生と後半生で大きく異なっています。

「天下人」となった「老年期」の秀吉は、猜疑心が強く残忍、支配欲、名誉欲に取りつかれた権力者として描かれます。

 

秀吉の「変節」は、老年になるまで子供に恵まれなかったことや、代々の家臣団が存在し得なかったことなどが理由であるとされています。

秀吉の人間性を変えてしまうような「状況」があったと考えられているわけです。

 

 

しかし、私は、秀吉の「性格」は一貫していると感じます。

波乱の時代を生き抜こうという野心的な戦国武将は、そもそも警戒心が強く、怜悧で計算高い性格であるべきだったのではないかと思います。

 

もちろん、実際のところはわかるはずもないのですが、それでも、信長や秀吉の「実像」について、いろいろと想像してみるのは楽しいですね。

 

 

(ivy 松村)

 

秀吉のこと①

子供の頃、たくさんの伝記を読んだのですが、その中で、もっとも大好きだったのが、「豊臣秀吉」でした。

 

最近思い出したのですが、私は、秀吉が大好きだったのです。

 

 

小学校4年生ごろ、「伝記シリーズ」を読み始めました。その中で一番わくわくさせられたのが、「豊臣秀吉」でした。

 

低い身分の出身でありながら、織田信長という時代の寵児に見い出され、大出世し、やがて天下人にまで上りつめる……その劇的な生涯に、心を躍らせながら夢中で読みました。

 

 

偉人の生涯が描かれる「伝記シリーズ」。何冊も読破したはずなのに、記憶に残っているのは秀吉、ファーブルなど、ほんのわずかです。たぶん、「お仕着せ」の「立派なエピソード」のパターンにうんざりしてしまったのだと思います。

偉人達の「勤勉さ」や「高潔さ」を見習え、というような「教育圧力」丸出しの無粋な巻もたくさんあって、子供心に食傷させられました。

 

 

戦国武将の「伝記」は、魅力的でした。

エジソンやキュリー夫人や野口英世の人生とは違っていました。

なにしろ、「戦場での活躍」が描かれるわけです。

 

 

信長、秀吉、家康と順番に読んでいきました。

信長の巻に登場する秀吉は、緊張感のない態度で周りを冷やかすお調子者だが、いざというときに頼りになる忠実な部下として描かれていました。

 

秀吉の巻では、そんな秀吉の苦悩や意地や願望など、さまざまな内面が描かれていました。

信長とは正反対の、人間味のある青年が型破りの活躍を続け、功をなし、周りをひれ伏させていく姿は、まったく痛快でした。私は、完全に秀吉に魅了されました。

 

家康の巻を読んで、少年の私は本当にショックを受けました。

秀吉が、「悪者」として描かれているのです。「家康の視点」からみれば、秀吉は「小賢しく、見栄っ張りで強欲な小人物」だったのです。

 

 

今にして思えば、それは、非常に大きな経験でした。

「ものごとは、視点が違えば、その対象の評価や価値が変わるのだ」ということを学んだ最初のできごとでした。

 

 

(ivy 松村)