「受験相談」報道について考えてみる③

8月20日に、関大一高の「受験相談」の記事が掲載されました。

 

その記事は複数の記者の署名記事でしたが、その翌日、同じ「記者チーム」によって、新たな記事が書かれています。

 

<首都圏の私立高5校>模試の結果で合格確約

 

 

全国展開する大手学習塾が、塾内で実施した模試の成績によって、私立高校から合格の「確約」をもらっていたという記事です。

しかも、その塾内模試を生徒に受けさせる前に、出題される問題を生徒に知らせていたという内容です。

 

 

どうやら、「話」は関大一高だけでは終わらないようです。

 

 

学習塾と私立高校の「癒着」に踏み込んで、「不正を暴こう」という、報道機関の「動き」があり、そのうえで、「火付け」を行って、報道の「波」を作ろうとする意図があったのではないかと思います。

「キャンペーン」、といってよいのかわかりませんが、ある種の「プロジェクト」として一連の流れが仕込まれています。

 

 

上掲の新聞記事では、問題の学習塾名を公表していません。

報道機関にもいろいろなしがらみや思惑、制約があり、思うように記事を書けないことがありそうです。

 

 

記事によれば、件の学習塾は関東と東海に展開しているようです。

すると、「名古屋」あたりが拠点となる塾のようですが、その塾と東京と埼玉の私立高校との間で「約束」があったということなので、首都圏の教室で、記事に書かれているような動きがあったのでしょう。なるほど。

 

ところで、昨年、私はこのブログに、上の新聞記事と関連のありそうな内容を書いています。

あわせて読んでいただくと見えてくることがあるかもしれません。

 

塾の「併願優遇」?

 

 

 

さて、今、ここで焦点となっている「受験相談」の報道ですが、以下のように展開しています。

 

 

1.関大一高の「受験相談」が発覚

<大阪・関大一高>入試前に大半「合格」 中学側と調整(前々回のブログの記事)

 

 

2.文部科学大臣が記者会見で「不透明な入試」についてコメント

文科相:関大一高の選抜、不適切と認識

 

 

3.過去に、首都圏の私立高校が塾に合格の「確約」を出していた

<首都圏の私立高5校>模試の結果で合格確約(上掲の記事)

 

 

4.関西でも私立高校と塾の間で「確約」があったことがわかった

<近畿・一部私立高>塾相談会で合格確約 入試2カ月前

 

 

 

これらは、すべて同じ新聞に掲載された記事です。

下村文部科学大臣の記者会見をあつかった「2」以外は、すべて同じメンバーの「記者チーム」による記事です。

こうしてみると、一連の報道の「流れ」が周到に用意されてあったことが分かります。

 

 

「1」の関大一高の記事が「導入」となって、論難の矛先は、徐々に「本題」に近づいていきます。

以降の記事では、特定の塾名や学校名は伏せられたままです。

世間の耳目をひきつけるには、具体的な「対象」が必要です。それゆえに、「先鋒」の記事にはインパクトが求められたのかもしれません。

 

「2」の記者会見は、「1」の記事の翌日に開かれています。

これは閣議後の定例会見ですが、ここで教育行政のトップからコメントをとって、後の「展開」に組み込めるように、最初の記事を出すタイミングを8月20日にしたのかもしれません。

同じ新聞社の記者が質問をしていましたが、あらかじめ質問内容を知らせていたようです。大臣は、ペーパーを読んで答えていました。

 

「3」の記事は、昨年の報道を「蒸し返す」ものですが、合格の「確約」を得るために、塾側が模試の「予習」を行っていたという新しい事実も明るみになっています。

この記事は、「4」の記事を引き出すために据えられたのかもしれません。

 

「4」の記事の舞台は再び「大阪」です。

今年の入試で、大阪の私立高校と塾との間で「談合」があったことを取材しています。

 

 

実は、関大一高の記事が出た8月20日には、別のニュースも報じられています。

大阪府の府立高校入試で、「全国学力テスト」の結果を高校入試に反映させることが、本年度に限り認められることになったのです。

この件で、かねてから大阪府と文科省は「対立状態」になっていましたが、いったん、混乱は回避される見通しとなりました。

 

これが偶然なのか必然なのかはわかりませんが、もしかすると、府立高校の入試制度改革と一連の報道は、裏でつながっているのかもしれません。

 

 

 

「2」の記事の元になった、下村文部科学大臣の記者会見の該当部分をテキストに起こしてみました。

 

(後ろに要点をまとめておきましたので、読むのが面倒であれば、読み飛ばしてください。)

 

 

下村文部科学大臣の発言:

 

大坂の関西大学第一高等学校、今春の入試で、選抜試験の一ヶ月前に、受験生本人たちに知らせず、複数の中学校と受験相談を行い、中学校での成績に基づき、大半の合格者を事実上内定していたため、選抜試験で高い点数を取ったのに、不合格とされた受験生がいたとの報道は承知をしております。

 

当該学校を所管する大阪府によると、報道は概ね事実とのことであり、文科省としては、入学者選抜は、私立学校を含め、入学者選抜要項に示す内容に沿って行われるべきであり、例えば、中学校の成績を重視して入学を許可する方針であれば、一般入試とは別枠で推薦入試を実施することを含め、その方針を明確に反映した選抜方法を対外的に明示することが適切であると考えます。

 

また中学校側も特に、個別の生徒の進路について高校と相談する場合は、保護者や生徒に対して適切な情報提供を行うことが必要であると認識をしております。

 

全国の学校にあっては、保護者や地域の信頼を得られるよう、今後とも入学者選抜の公正・公平な実施に向けた取り組みを進めていただきたいと思います。

 

本来は、高等学校への入学は校長が許可するものであり、また、特に私立高校の入学者選抜については、自主的・主体的な改善が図られるべきものであります。

 

が、改めて文部科学省として、来月、9月30日に行う全国の都道府県の担当者を集めた会議の場で、ひとつは高等学校において、選抜要項における各学校の選抜方針を明確に反映した選抜方法を明示すること、ふたつ目に、中学においては、生徒や保護者に向けた適切な情報提供など、適切な選抜の実施に向けた取り組みを促すことを、この会議の場で文部科学省としても提起していくことによって、徹底を図ってまいりたいと思います。

 

 

要点:

 

・関大一高の報道は知っとるよ

・関大一高は、「推薦」などの別枠の入試を用意するべきやったね

・入試の方針と合格の基準はわかりやすく示さんとあかんよ

・中学校も、高校との「入試相談」の結果を保護者・生徒に伝えんとダメやろ

・まあ、でも、私立高校の入試のやりかたは、本来高校が自分で決めるべきものやからね

(せやから、ホンマはワイらがとやかく言うことでもないんやで)

・来月全国の「担当者」が集まるから、そこで注意しとくんで、それでよろしく

 

あえて「関西弁」でまとめてみました。

 

 

 

下村大臣の会見では、件の新聞社の記者が「3」の記事の内容についても質問していました。

首都圏の塾で、ある塾の塾内テストの結果をもとに、複数の私立高校が合格の「確約」を出していた問題ですね。

これも、質問内容をあらかじめ伝達してあったようで、大臣はペーパーを読んで答えていました。

 

 

下村文部科学大臣の発言:

 

 

ご指摘の点ですが、文部科学省では、平成五年の通知により、高等学校の入学者選抜は公教育としてふさわしい適切な資料に基づいて行われるべきものであり、業者テストの結果を資料として用いた入学者選抜が行われることのないよう要請をしてきております。

 

昨年、同様の指摘があった際、報道された塾および東京都・埼玉県に確認したところ、域内において確約を行っているような事案はないと、認識しているとのことでありました。

 

また、今後とも、通知の趣旨をふまえ、都道府県等に対し、公教育にふさわしい適切な資料に基づいた入学者選抜が実施されるよう要請してまいりたいと思います。

 

 

 

要点:

・文科省は20年前から、塾のテストを使って合格を出してはダメだと言っている

・去年ニュースになったので、塾のテストで合格を出した高校があるか聞いてみた

・東京と埼玉の担当者は、「ないと認識している」と答えた

 

 

 

俗にいう「つっこんだら負け」というやつですね。

 

 

 

高度に発達した文明の社会集団の中で、原則論や基本道徳にもとづいて、社会や組織の矛盾を指摘することは「痛い行動」であるとみなされることがあります。つまり、「野蛮」な行動であるということです。

 

なぜなら、精巧に組み上げられた人為的システムが完成するまでには、長い時間と労力をかけて、さまざまな利害関係の調整や、現実的判断、理想などの取捨選択がなされており、無責任な煽りは、極めて繊細な構造物を破滅させるきっかけになり得るからです。

 

「受験」の中枢にいる人ほど、横行している「入試の実態」を「公の問題」にできないわけです。

 

現在稼働している受験システムが崩壊したとき、どれほどの混乱が起き、どれだけの受験生や関係者が途方に暮れるのか、想像することができる人間にはその引き金を引くことができないのです。

 

 

一方で、多くの人がそのシステムの疲弊を感じ取っています。

「風穴」を開けてくれるような発言者が求められていることも事実です。

 

個人的には、「3」の記事のように、大手塾が特権的に「併願優遇」や「推薦」を出しているのは大きな問題だと思うので、報道機関には果敢に取り上げていただきたいと思います。

 

(「4」の記事にあるように、塾団体が個人塾を集めて「進学相談会」を開くのもそれが原因です。連合して大手のアドバンテージを追尾しなければならなくなるのです。)

 

 

 

さて、今回のブログでは、関大一高に端を発する「受験相談」報道を追いかけてきました。

 

ありきたりなことをいうようですが、メディア情報には、演出や思惑、打算などが反映されることがありますから、そのままを「鵜呑み」にしてはいけません。

 

 

情報を評価・分析・判断する力のことを「情報リテラシー」といいますが、この力は、これからの時代、さらに重要なものになっていくと思います。

 

 

受験は「情報戦」でもあるので、私を含め、塾の教師は特に情報を深く読もうとします。

 

 

ふと思ったのは、関大一高の入試です。

分かりづらい人には分かりづらいのでしょう。

しかし、インターネットを使って、少し情報を収集するだけで、この高校の入試の全容を理解することができました。

 

 

 

「入試の仕組みが分かりづらい」と多くの人が口に出します。

もちろん、分かりやすい方がいいのでしょう。前回の記事にも「入試制度はわかりやすいほうがいい」と書きました。しかし、なんでもかんでも「1から10まで」説明することが果たして全面的に良いことなのかどうか、という疑問もあります。

 

 

将来を左右する入試という一大事に際して、成り行き任せで情報も集めない人間に、豊かな未来があるとも思えません。

 

 

「オトナの世界」では、「全部」を説明してくれることなどあり得ません。

事態や事情を自分で読み取れない人間は、「その程度」だと評価されるでしょうし、事態や事情を読み取れないおかげで、重大な失敗や損失を招くこともあるでしょう。

 

 

まあ、未来のことはともかく、受験に際しては、周りが噛み砕いてくれるのを待っているのではなく、自ら主体的に情報と向き合べきだと思います。

 

 

 (ivy 松村)

 

 

「受験相談」報道について考えてみる②

前回のブログでは、関大一高の新聞記事を取り上げつつ、東京都の私立高校受験には「入試相談」という制度が存在することを説明しました。

 

やはり、大阪にも同様の制度があります。

大阪では「受験相談」あるいは「事前相談」と呼ばれるものです。

 

 

新聞報道によれば、関大一高は、受験生の知らないところで「受験相談」を行い、「内定」を出した生徒は、当日の入試得点で、他の受験生の得点を下回っていても合格させていたということです。

 

高校受験の仕組みをよく知らない人が読むと、以下のような印象を持つに違いありません。

 

・高校と中学が秘密裏に談合で合格者を決めている

・入試得点を基準にして合否を判定していない

・入学試験が「出来レース」であることを受験生は知らされていない

 

総じて、読者は「不公平」な入試選抜が行われていたのだ、と受け止めることでしょう。

 

 

多くの記事やコメントで、憤り、非難、怒りの声が噴出しています。

そうした声に触れる度に、残念な気持ちが湧いてきます。

この高校に同情しているからではありません。

多くの人が「思惑通り」にはめられてしまっているからです。

 

この記事には、ある種の「狙い」があるように思います。

 

 

 

記事には、「関大一高の関係者」が大阪府私学・大学課に指導を要請したと書かれています。

まあ、仰々しくいうと、「内部告発」をしたわけです。

それで、「私学・大学課」は、関大一高に改善を求めた、ということです。

 

ところで、大阪で個人塾をやっておられる方のブログに興味深いことが書かれていました。

「私学・大学課」も「受験相談」のことなど当然知っているのだから、形だけの指導をして終りだっただろう、と。

 

それで、もしかしたら、今度は新聞社に情報提供したのかもしれません。

 

 

 

ともかく、関大一高の入試状況を確認してみましょう。

 

問題となった、2015年度入試の入試データです。

 

 

志願者 合格者 入学者
専願 男子 129 89 89
女子 78 68 68
合計 207 157 157
併願 男子 33 31 3
女子 21 20 4
合計 54 51 7

 

 

「専願」というのは、受験校を第一志望とし、合格すれば必ず入学手続きを取ることを条件に「優遇」を受ける受験カテゴリーです。関大一高の場合、「15点の加点」となっています。

(後述しますが、関大一高の「専願」は、さらに細分化された区分が存在します。しかし、ホームページの資料では合算された「専願」のみのデータとなっています。)

 

「併願」というのは、複数の受験をするという意味になりますが、この場合は、要するに加点のない「一般入試」を受けるということです。

 

 

極端に「専願」の受験者が多いことが分かります。

「専願」と「併願」を合わせた全受験生の約79.3パーセントが「専願」で受験しています。

また、気になるのは、「併願」で受験した受験生のほとんどが合格し、また、ほとんどが入学していないということです。

 

合格率の高さに注目しなければなりません。

「専願」は約75.8パーセントです。

一方、「併願」は約94.4パーセントにのぼります。

 

 

加点がなく、不利な入試となっているはずの「併願」の方が、合格率が高くなっています。

これは、得点力を持った、さらに上位校を第一志望としている受験生ばかりが、関大一高を「併願」するという状況になっているからでしょう。特に、府立の最上位校を狙うような受験生は内申点も持っているでしょうから、内申点を入試点に加点するタイプの関大一高の入試では、その分強みがあるはずです。

 

 

関大一高は、数十人の、最上位に近い学力の受験生が「併願」を受験し、上位中堅学力の受験生のうち、関大一高を第一志望と定めた受験生が「専願」でしのぎを削る、という構図になっています。

 

「専願」が主戦場となっているので、大勢の受験生をかき集めて行われるような入試にはなり得ません。

必然的に、入学の意思を強く持っている生徒を評価、審査するような選抜に傾きます。というよりも、最初からそのような指向があったのかもしれません。

 

 

 

報道によれば、事前に合格を得ている「内定者」は119人おり、「当日枠」での合格者が16人、不合格者が50人となっています。

そして、その50人のうち、47人が「内定者」の合格最低点を上回っていたということになっています。

 

問題となっている「受験相談」は、もちろん「専願」に対して行うものです。

「内定」を出した「専願」の受験生と、「内定」を出さなかった「専願」の受験生がいるということになります。

 

 

 

関大一高のホームページでは、入試結果では「専願」は単一の受験カテゴリーとしてあつかわれています。

しかし、入試区分を説明する「生徒募集概要」のページでは、2種類の「専願」があることを明記しています。

 

・「専願A」・・・生徒会活動や部活動、社会活動、検定などの実績が評価される出願

・「専願B」・・・入試得点に15点が加算される出願(一般専願)

 

 

さらにそのページには、「中学校を通じて提出された活動実績報告書により、専願A枠に該当しないときは、専願Bでの合否判定となります」と書かれています。

 

つまり、「専願A」のほうが「専願B」よりも「優先度」の高い出願であるということになります。「専願A」で出願できなかった受験生が、「専願B」で受験するのです。

 

 

 

前回のブログで取り上げた新聞記事は、「受験相談」問題の「火付け」報道でした。

その後の他紙の記事では、さらに詳細が述べられています。

 

関大一高、入試前に合格内定 「受験相談」と称し面談

 

 

この新聞記事では、「内定者」は全員「専願A」の受験生であったと説明しています。

 

一方、前回紹介した新聞記事は、故意に「専願」の区分に触れずに記事を書いたのではないかという疑いを持たざるを得ません。

 

 

 

関大一高は、「関関同立」の一角を占める関西大学の併設校(付属高)です。評価にかげりが出てきていますが、全国に名の知れた名門大学に、ほとんどの生徒が進学します。

 

関西のことはよく知らないので、あくまでイメージでの話ですが、あえて、首都圏の高校でたとえてみると、もしかしたら法政大学高校が近いのではないかという気がします。

(大学ブランドは法政大学の方が上だと思いますが)

 

もし、関大一高が、「専願」を主体とした入試を行わないとしたら、法政大学高校のように、2~3倍の倍率になると思います。

 

 

関大一高の「専願」の志願者の割合の高さや受験倍率などは、一見特異で不可解に思えます。しかし、それが「受験相談」を通して志願者を絞っているためであることを知れば、この高校の特徴をよく理解できます。

 

関大一高は、明らかに、「学校での成績」がよく、生徒会などで積極的な活動を行っていたり、部活動やコンクールなどで優秀な成績を収めたり、社会奉仕活動などを行ったりしている「優等生タイプ」の生徒を求めています。そのうえで、自校を第一志望とする受験生を求めています。

 

ですから、そういった生徒が目指すべき「専願A」に力を入れています。

 

そうすると、中学校とのパイプを通して「まちがいのない」志願者を集めることが最も合理的です。

 

募集枠のほとんどを「受験相談」を通して集めた生徒に割り当て、残りのわずかな「枠」を、得点力をもった受験生たちが争うという構図になります。

 

 

上に紹介した新聞記事によれば、「専願A」の受験生は全員合格し、それ以外の「専願B」で出願した受験生は、当日の入試得点が「専願A」の生徒を上回っていても不合格となっています。

「専願A」の基準を満たせば「内定」がもらえ、「専願B」は入試得点次第ということですね。

 

 

「専願A」の出願を、高校側が「受理」すれば「内定」です。

高校側が難色を示したときには、「専願B」での受験となるわけです。

 

ある意味で、非常にわかりやすい形になっているのですから、受験生や関係者が「受験相談」というものがあることを知らなかったというのは、ちょっと考え難いように思うのです。

 

 

要するに、「推薦合格」を果たした生徒が、形の上で、一般受験者に交じって入試問題を解くという「儀式」を行っていたのだと考えるとわかりやすいと思います。

 

 

オリンピック出場権を手にしているマラソン選手が、調整のために、出場権獲得を目指す他の選手と一緒に、選考を兼ねている大会に出ると。

それで、結果、順位が他の選手よりも下だったからといって、出場権をはく奪しろ、と叫んでいる輩がいたら、アホだと思いますよね。そんなイメージです。

 

 

一応つけ加えておきますが、私は、入試制度はできるだけシンプルで、わかりやすく、透明なほうがいいと思っています。でも、それと、不実を明かすことは別なのです。

 

 (ivy 松村)