‟Mission:Possible”

生徒が「どれくらい本気で勉強に取り組んでいるか」を測る「物差し」がいくつかあって、そのひとつは、目標設定の際の反応です。

 

 

期末試験が近づいてきて、生徒と面談をしながら、目標点を決めています。

 

中3の生徒たちには、「志望校を受験するのに必要な内申がどのくらいなのか」を伝えています。

 

 

中2の3学期の内申を「目安」として、全体で「いくつ上げるのか」を導きます。

それから、具体的に「どの教科を上げるのか」を決めます。

 

もちろん、中間試験があった中学の生徒は、その結果を勘案します。

 

 

たとえば、都立高校を第一志望にしている生徒が、その志望校の「都立の換算内申の基準」にあと「5」足りない場合。

 

5科を「+1」、実技4科を「+2」にすれば、「基準」に届きます。

 

そこから、社会を「3→4」、美術を「4→5」、音楽を「3→4」にする、というように、具体的に「ターゲット」を定めます。

 

そうすると、社会を「4」にするために確保しなければならない点数が浮かび上がってきます。

 

それを試験勉強の「配分」に落とし込んで学習計画を立てるわけです。

 

 

 

1学期の中間試験の社会の点数が65点だったとします。

その点数が、成績評価の「どの位置づけ」になるのかは、全体の平均点や、担当教師の評価基準によって変わります。

 

しかし、一般的には「65点」という点数は、「4」に相応する点数であるとはいえません。

 

したがって、期末試験では挽回しなければなりません。

「90点」を「ノルマ」にしようという話になるわけです。

 

さらに、非常にありふれた「策」のひとつですが、「90点」を取るために、「95点」を目標にしようという話になるわけです。

「90点」を目標にしてしまうと、往々にして「90点を取るための勉強量」となってしまいます。ほんの少しのミスが出でたり、対策の不備があったりすれば、目標点に届かなくなります。

そのため、確実に「90点」を得るべく、「ハードル」を一段上げようという「心理的な戦略」がとられるわけです。

 

 

 

このように、試験の目標点は「逆算」によって算出されるべきものなのです。

 

 

ところが、多くの生徒は、「自分の学力」を基準にして目標点を設定します。

 

「自分は社会が苦手だから、80点取れれば、頑張ったほうだ」というように。

 

 

 

もうすこし正確にいえば、「自分の学力」というよりも、「どれだけ勉強してもいいか」という「譲歩の気持ち」が目標点を決める大きな要因となっています。

 

つまり、「80点を取るぐらいまでなら、頑張ってもいい」というメンタリティが、「80点」という目標点をはじき出すわけです。

 

必死で努力すれば「90点」を取れると理解していても、そのための努力が嫌なので、妥協して「80点」を目標とするわけです。

 

 

 

「そんなの、無理。」

 

 

いや、まったくその通りです。無理なんですよ。

 

目指さないのだから、無理に決まっています。

 

 

ただ、それなりに「努力したような雰囲気」にひたって、自分をあざむくための「言い訳」が成り立つ程度に勉強して、最終的に「行ける高校」に行けばいいという「本心」を隠している人にとっては、「本気の話」は迷惑なものなのでしょう。

 

「無理やり押し付けられた目標点」に不満が募ります。

 

 

まだ、勉強を、「させられるもの」だと思っているわけです。

 

 

目標点は、「自分を追いつめるもの」だと思っているわけです。

 

 

ちょっと勘違いしています。

 

 

 

これは、行きたいという高校に、どうすれば行けるのか、という話にすぎません。

 

 

 

さて、一方で、あまりにも自然なことですが、「本気の生徒」は、自分に必要な点数を目指します。

 

根拠を示して、「95点」を目標点としなければならない、と説明すれば、納得し、チャレンジしようと思うわけです。

 

 

 

無理。

 

 

目標点を取ることのみに専念しようとしている人にとっては、無意味なことばです。

 

 

(ivy 松村)

 

 

「仮内申」について

ひよ中、七生中、二中は、週明けに期末テストがあります。

 

明日、11月20日も14時からテスト対策のために校舎を開けることにしました。

家で勉強が手につかないという人は、ぜひ、お越しください。

 

 

 

受験生は、これから忙しくなっていきます。

来週には、もう、定期テストが返却されはじめます。そして、11月の終わりから12月の頭にかけて、仮内申が伝えられます。

 

その後、12月の前半に中学校の三者面談がありますが、その前に塾の面談を設定させていただきます。

「仮内申」が出たタイミングで、塾とご家庭とで、受験パターンをすり合わせておく必要があるためです。

 

したがって、中3の今後の予定は下記のようになります。

 

・定期テストの答案返却

・「仮内申」の告知

・塾の面談(受験校の決定)

・中学校の三者面談(受験校の確認)

 

 

 

また、中3生には会場模試があります。

そして、私立高校の入試相談に足を運んでいただくこともあるかと存じます。

 

 

すでに、前回の面談およびメールで、それぞれのご家庭に志望校や併願校の推薦、単願、併願優遇の「基準」や都立高校受験の「内申の目安」をお伝えしていますが、「仮内申」が出た後は、その「数字」に則って実際の受験校を決定することになります。

 

もし、「仮内申」が希望の「数字」に届かなかった場合には、受験パターンや日程等を変更することになる可能性もあります。

 

入試の展望や受験パターン、今後の学習計画等につきましては、いずれ面談の際に詳しくお話しさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

 

 

 

「仮内申」について、少し書きます。

 

高校入試の内申は、「中3の2学期の評定」が用いられます。

 

しかし、「中3の2学期の評定」が記された成績表が、正式に生徒のもとに届けられるのは、2学期の終業式の日です。

終業式は12月22日ですが、その日に内申の告知を行うとなると、都内私立高校の推薦、単願、併願優遇の受験を確定する「12月15日」(入試相談)に間に合わなくなってしまいます。

 

つまり、高校入試の「日程」に沿って受験校を決めるためには、12月の初旬には必ず内申が判明していなければならないわけです。

そのため、「仮内申」という形で、期末テスト後まもなく、生徒それぞれに伝えられることになっているわけです。

 

 

「仮内申」は、正式なものではないので、「文書」で渡されることはありません。中学校によって伝達方法は違うようですが、一般的なのは、担任の先生が、生徒一人ひとりを呼んで口頭で5科と9科の合計点を伝え、それをメモらせる形式のようです。(受験校によっては、3科の合計がわかっていなければならないので、それも伝えられる場合もあります。)

 

「仮内申」で、各教科の「内訳」は知らされません。ですから、成績表が届けられるまで、どの教科が上がったのか、または下がったのかは、わかりません。

 

 

また、よく、「仮内申」はその後上がったりしないのか、と質問を受けることがあるのですが、残念ながら、数値が変化することはありません。「仮」となっているので惑わされてしまいますが、これは、「確定した内申」です。

「仮内申」が、受験における「内申」そのものとなります。

 

「中3の2学期の評定」=「仮内申」=受験で用いられる「内申」です。

 

 

 

では、「中3の2学期の評定」はどのように付けられているのでしょうか。

 

以前、このブログに書いたことがあるのですが、東京都のある地域では、「仮内申」は、単純に「2学期の成績のみ」に準拠して出されていました。

きちんと言質が取れるような質問文を用意して、そのとき教えていた生徒たちから、彼らの担任の先生に確認してもらいました。

 

 

実は、「2学期の成績のみ」に準拠して成績を付ける中学の生徒は、「内申」が大幅に上がることが珍しくありません。

 

2学期に頑張った分、その分、成績が上がるわけです。

これまで、英語の点数がずっと60点台で、評定が「3」だった生徒でも、3年の2学期の中間・期末テストの2回の平均が95点であれば、「5」をもらえるわけです。

 

 

 

一方、日野や八王子、町田などの中学では、「1学期の成績と2学期の成績」を合わせて「中3の2学期の評定」=「仮内申」を出すようになっています。

 

そのような方法で「内申」を出す中学の生徒は、大幅に「内申」を上げることは難しくなります。

1学期の評定が「3」だった場合は、2学期の定期テストで平均95点を取っても、「5」の評定がもらえるとは限りません。

2学期の成績が「5」だったとしても、1学期の成績の「3」と合わせて「仮内申」が出されるわけです。したがって、その評定は「4」となる可能性が高いわけです。

 

 

「単純な思考の人間」は、後者の中学の生徒は不利だ、と感じるかもしれません。

あえて、多くはコメントしませんが、1学期にも、ずっと、ずっと、ずっと、このことを言い続けてきました。

「結果のすべて」が、「現在の自分」の学力なのだと受け止めなければ、「先」には進めません。後悔も頑張りも、全部背負って前進してください。

 

 

 

このブログを読んでいる1年生、2年生の人たちは、重々肝に銘じてください。

受験の幕は、中3の1学期に開くのです。

 

 

 

さて、中3のみなさんには、「未来」があります。

これから突きつけられる「仮内申」がどのようなものであろうとも、「受験」に向けて、歩を進めていくことには変わりはないわけです。

 

「未来」に向けて、「仮内申」を踏まえて今後の指針や歩み方を決めるために、塾の面談があります。

 

 

まだ、期末テストを戦う人は、最後まで力を振り絞ってください。

定期テストを終えた人は、しっかり過去問演習をこなしてください。

 

やるべきことをやり抜いて、その後で、「未来」についていっしょに考えましょう。

 

 

 

(ivy 松村)

 

期末試験に向けた生徒面談

現在、中学部の生徒と面談を行っています。

 

生徒面談は、1人に対して2~3回行います。

 

1回の面談では、目標や対策などを具体的につめるところまで話せないからです。

勉強や成績、進学といったものについて、ぼんやりとした「気分」しか持っていない生徒に対しては、少し話を「寝かせる」必要があります。

 

トピックについて頭の中で整理をする時間や、状況を理解する時間をあげることで、生徒たちから、主体的な発言や熟慮した意見を引き出せることもあります。

 

2回目以降に話をするときには、最初に話した時よりも「輪郭」をくっきりとさせて話すことができます。

 

 

生徒面談では、一人ひとり期末テストの「目標点」と「対策」を決めています。

 

 

「目標」というのは「行動の指針」です。「とりあえず、求められたから言っておくもの」ではありません。

 

「目標」は、自分を律する「力」になります。

 

「結果」から逃げたいと考える人にとっては、「目標」は「圧力」になるのでしょう。

一方、高みを目指して前進する決意を持つ人にとっては、「目標」は「原動力」となります。

 

 

他方、目標を持たない人間は、大海原を漂流する難破船のような存在です。

ただ、「どこでもいいどこか」に漂着することを願って、ひたすら「幸運」にすがるわけです。

 

その船の「エンジン」は、まだ、生きているのに。

 

「虚無の世界」をさまよっているのです。

 

 

「目標」を持たない人間は、意志を持った存在になることができません。

 

意志を持たないものは、努力することができません。そして、努力しないものは、成長することができないのです。

 

「目標」を持つことは大切です。

 

 

 

「目標を決める」ということは、ただ単に、「数値」や「到達点」を口にするということではありません。「目標」を持ったら、次に「対策」を講じます。

 

「目標」には、必ず「対策」がともなっていなければなりません。

 

 

「対策」というのは「目標」を達成するための「行動の中身」です。「対策」を立てることで、自分が、いつまでに、どのように、どれくらい、何をやるのか、が明確になります。

 

それをスケジュールや日程に落とし込んで「予定」を立てます。

 

 

定期テストの後で、「目標」が達成できていなければ「反省」をするわけですが、「反省」というのは、何が原因で「対策」が機能していなかったのか、を分析をすることです。

 

これについてはテスト後にまた、面談を行いますので、そこで話しましょう。

 

 

期末テスト前の面談は、明日明後日で終える予定です。

その内容をまとめたものを作成しています。

順次保護者の方にメールで報告差し上げますので、しばらくお待ちください。

 

 

 

さて、期末テストが近づいてきました。

 

今後、校舎を10時半まで開放しますので、しっかりと勉強をしたい人は利用してください。

 

期末テスト勉強のために、中学生には「実技教科まとめノート」と「定期テスト演習ノート」を渡しています。

6月16日(木)が第一回目のチェック日ですので、お忘れなく。

 

 

 

 (ivy 松村)