→新年度

新年度の授業がはじまっています。

 

中学生は、最初の授業で、新しい学年の「勉強のしかた」について話をしています。

 

 

新中1の生徒は、授業時間が夕方から、「夜」の時間になりました。

また、1つの教科を2時間勉強するようになります。

 

中学部では、ノートとルーズリーフを併用して、勉強をしていきます。

3月は、問題の解き方、板書の写し方、復習のし方を身につけていく時期です。

 

小学生の授業とは勉強のやり方が変わりますが、少しずつ慣れていきましょう。

 

 

 

新中2も学年が上がって、「勉強の手順」がレベルアップします。

 

授業でも言いましたが、わからない、知らないことを前提として問題を解くことが「スタート」となるような演習時間が増えていきます。

正解することが「目的」なのではなく、間違って、それを「直すため」に問題を解くわけです。

 

大切なのは「復習」です。

復習のしかたをかなり細かく説明しています。

続けていくようにしてください。

 

 

 

新中3は、「受験」へ向けた勉強が本格化していきます。

 

課題や宿題の量が一気に増えます。

 

また、「できているかどうか」だけではなく、指示された通りに作業を行っているか、指定された時間内に終わらせているか、というような勉強の「型」について、今まで以上に厳しくチェックしていきます。

近年の入試では、「正確さとスピード」が求められる傾向が、一層強くなってきているからです。

 

気合を入れてついて来てください。

 

 

 

新中2、新中3は、「定期テストレポート」を提出してください。

また、定期テストの平均点と得点分布のデータを一度校舎に持ってくるようにしてください。

 

 

 

各学年、いい形で新年度のスタートが切れたように思いますが、安定しない天気が心配です。

また、花粉症に苦しめられる季節でもあります。

 

くれぐれも体調に気を付けてお過ごしください。

 

 

では、また次回の授業で。

 

 

(ivy 松村)

 

 

→来年度

本日で、本年度の授業日程が終了しました。

 

次回から、生徒のみなさんの学年が上がります。

授業日も変更になりますので、間違えないように気をつけてください。

 

3月1日(火)~3月4日(金)までは、休校日とさせていただきます。

 

授業は行われませんので、注意してください。

 

 

3月5日(土)から新年度がスタートします。

「演習」や「理社」を受講している「新中3生」(現中2生)は、この日から受験生としての1年が幕を開けます。

 

 

 

「新中2」「新中3」の生徒は、来週に学年末テストの結果を報告してくださるようにお願いします。

また、学年末テストの「レポート」の提出も忘れないようにしてください。

 

明日以降、まだ定期テストが残っている中学もありますね。

しっかりがんばってください。

 

 

今回の定期テストは、これまで以上に力を入れて対策に取り組むことができたという人が多かったみたいです。

ただ、試験範囲が広く、科目数が多くなっていることで、その「量」に苦労している様子でした。

 

いつもより手ごたえがあったという声が多く聞かれますが、当然、反省も多くあるでしょう。

 

テストが返却されてから、来年の取り組みの方向を決めていきましょう。

 

 

本日は、定期テストがまだ終わっていない人は、授業時間を直前の追い込みに使ってもらいました。

 

定期テストが終わった人は、本年度の都立高校の入試問題に挑戦してもらいました。

 

本来ならば、直近の入試問題は、時期をはかって受験生にやってもらうのですが、今年の問題はちょっと使いづらいので、いっそのこと、「デビュー戦」に使うのがいいように思いました。

 

 

ありがたいことに、本年度の入試問題を提供いただきました。

 

さっそく、5日前に実施された都立高校入試の国語の問題を、本番と全く同じ形式で、1年生と2年生の何人かに解いてもらいました。

 

 

大問3はかなりよくできていましたが、大問4で苦労したみたいです。

 

作文は、みんなよく書けていました。

選択問題ばかりで、問題数が少ないので、作文を書く時間が十分にあったようです。

 

 

最高点は、ある1年生の生徒の89点でした。

 

 

もちろん、全員が今回初めて「過去問」を解いたわけです。

都立の入試問題の設問のパターンに慣れていないために点を取り切れないところもありました。

受験のときまでには、「点の取り方」をつかんでいってもらいたいと思います。

 

 

 

体調を崩してしまった人がいてちょっと心配しています。

花粉症で、目が真っ赤になってしまっている人も何人かいます。

 

定期テストが終わって、部活が再開しますが、特に運動部の人は、はりきりすぎてけがをしたり、体調を悪くしたりしないように気をつけてください。

 

 

 

では、次にお会いするのは新年度です。

 

いっそう、はりきって行きましょう。

 

 

(ivy 松村)

 

bluer than indigo

少し前の、中3の国語の漢文の授業で、テキストに集録されていた「出藍の誉れ」をあつかった問題を解きました。

 

 

君子曰学不可以已。

青取之於藍而青於藍、

氷水為之而寒於水。

 

君子曰はく、「学は以て已むべからず。

青は之を藍より取りて、藍より青く、

氷は水之を為して、水より寒し。」と。

 

 

「青は藍より出て藍より青し」という有名な言葉の元になった文です。

 

 

学問の大切さを説いたものであることがわかります。

 

これを述べたのは古代中国の思想家、荀子です。

荀子は、人間は生まれもって愚かな存在であると考えました。だから、よりよく生きるために、学び続けなければいけないのだ、といいたかったのかもしれません。

 

 

「藍」をそのまま放っておけば、「藍」は「藍」のままです。

「青」を得ることはできません。

しかし、正しい手順で、労力を惜しまずに作業を続けることで、素晴らしい成果を得ることができるのです。

(「藍染め」はかなり大変な作業なのです。)

 

 

つまり、努力して学び続けることで、人間は、より優れた存在になれるのだということが述べられているのです。

 

 

 

ところが、興味深いことに、「青は藍より出て藍より青し」という言葉は、現在では、かなり「特殊な文脈」で使われる成句となっています。

 

「もともとあった物よりも優れた性質の物が生み出される」という内容が敷衍されて使われるようになったのでしょう。

 

この言葉は、「弟子が、師の技量や業績を越えて、師よりも認められるようになる」ということの「たとえ」として広まっています。

 

さらに、「出藍の誉れ」という言葉も生まれましたが、やはり同様の意味で使われています。

 

 

 

「青」は「藍」という原料を用いて、正しい工程で作業を行わなければ生じない色です。

ですから、この言葉には、「優れた指導者のもとで、正しく学ぶ」という前提があるように思います。

 

 

「学問に励み、師を超えるまでになってほしい」という思いを込めて、この言葉を使う教育者も多くいらっしゃいます。

ですから、学校名や塾名でも、「青」や「藍」という字はよく用いられます。

 

 

 

とまあ、そのようなことを何気なく授業で言ったのですが、中3の生徒たちは、なかなか鋭かったのです。

 

「だからこの塾は『アイビー』なんですか。」

「いや、でも『ivy』は『植物のツタ』の意味だから・・・。」

 

ちょっとドキリとして、狼狽してしまいました。

そのときにも「種明かし」をしましたが、「藍」はこの塾の塾名とやはり関係があります。

 

 

塾名を決めるときに、英語やフランス語、ドイツ語、中国の古典などから、よい言葉はないか探していたのですが、実は、その中に「藍」もありました。

 

候補を挙げていく中で、「ivy」と「藍」がつながりました。

両者の音が重なっていたことも、塾名を決定する大きな要因だったのです。

 

あんまりグダグダと塾名の由来を説明するのも無粋なので、特に明かすこともなかったのですが、「ivy」という塾名に込めた思いは、ひとつではないのです。

 

 

「i」「v」「y」というそれぞれの文字にも意味があります。

また、小文字を使っていることにも意図があります。

 

(それはまだ、秘密にしておきます。)

 

 (ivy 松村)

ブログのことなど

気がつくと、ブログを書き始めて一年が経っていました。

 

始めたときには、とにかく、絶対に「放置状態」にしないようにしようと考えていました。

一年間の継続は、ひとつの区切りとなりました。感慨と安堵の心持ちです。

 

最初の数回の記事を読み返してみると、我ながらいろいろな試行錯誤が見えて、ほほえましくなります。結構、肩に力が入っていますね。でも、以前の記事の方が読みやすいように感じたりもします。

 

 

ブログを書き始めてしばらくして、「アナと雪の女王」についての記事を書きました。

それは、私にとっては、ちょっと例外的な記事です。このブログには、エンターテイメントについての文章は書かないつもりでしたから。

昨年大ヒットしたこの映画の主題歌を生徒たちが口ずさんでいて、気になってDVDを借りて見たのです。ちょっと強引に勉強のことと関連させて記事を書いていますが、本来は塾のブログに似つかわしくない題材でしょう。

 

今更ながらに書くのですが、あの映画にはとても救われたのです。

エルサが「氷の城」を築く場面と、そこで挿入される主題歌は非常に印象的です。

 

「氷の城」は、「決意」と「強靭な精神」の象徴です。

小さな塾の中で、たった1人でブログを書いているとき、たまに「let it go, let it go…」と口ずさんでいました。

 

 

 

私は、このブログを書くうえで、いくつかのルールを自分自身に課しました。

実は、このブログの文体が「硬い」のもそのためです。特に、

 

・「おもねらない」

・「おどけない」

・「おちゃらけない」

 

という3つの教条をブログの基本に定めました。(私はこれを「3O(スリー・オー)」と呼んでいます。)

 

ブログの中の私と、実際に教室で授業をしていたり、生徒とおしゃべりをしたりしている私は、かなり対照的な「性格」をしていると思います。

 

 

顔文字や絵文字を使ったりせず、また、文字の装飾や画像に頼らずに文章を書くことにこだわっています。

一部で、現代のウェブ・コミュニケーションの様式や流行を取り入れたり、レトリックや表現形式をマネしたりしている部分はありますが、保守的な文体や言葉づかいを心がけています。

 

 

ウェブ上の文章表現を観察してみると、「1人ボケ・ツッコミ」や、「www」や「(笑)」などの「記号」を用いて「オチ」を可視化する手法が広がっています。

あるいは「毒舌」や「自虐」ですね。まあ、「おかしみ」のポイントは人それぞれです。つきつめれば単なる感性の違いということでしかないので、それらを「つまらない」と評しても、詮の無いことです。

しかし、現代の一般的なブログの世界観は、私個人が持っている言葉の世界とはまるっきり違うものだと感じています。

 

 

 

「学習塾」という機関と「ブログ」のような活字を用いたメディアは、非常に相性がいいと思います。知識や論理、あるいは「説明」を伝達するためには、まとまった量の文章をあつかえる媒体が好都合です。

ですから、塾講師によるブログが全国的に広がり、模倣されていったのでしょう。実に多くの「塾ブログ」が存在しています。

 

しかし、最近、どうしても読みたいと思えるような「塾ブログ」が徐々に減ってきました。

とても寂しいですね。

いつも勉強させてもらっている「塾ブログ」にはがんばってもらいたいと思っています。

 

 

 

ブログを書き始めて、また、さまざまな「塾ブログ」を閲覧するようになって、自分の中で、敬愛すべき塾の教師と、残念に思う塾の従業員とを隔てるものが何なのかわかってきたように思います。

 

「勉強する人間」に対するいとおしさこそが、私の価値観を形作っているといえます。

 

これは、強烈な極私的発見だったのですが、とどのつまり、私は塾の教師なのでしょう。

「塾ブログ」には、その筆者が「勉強する人間」なのかどうか、がとてもよくあらわれます。

 

その人の信念や教育観はその内容にあらわれ、知性やチャレンジ精神はその構成に反映されます。そして人柄や誠実さはその文体に投影されるのです。

「勉強する人間」の文章は、本当に「キラキラ」しています。現実に、それは宝物なのです。

 

「勉強する人間」の書いたものであれば、たとえ自分の書いたブログの内容を剽窃されたとしても、あまり腹が立たないかもしれません。

 

一方、浅薄な理解や低質な論理、見苦しい言葉づかい、惰性的報告や稚拙なコミュニケーションがみられるブログは、残念な気持ちになります。

 

 

 

私は、ブログを一種の「メッセージ」だと思って書いています。

記事は、必ず「誰」に向けて書くのかを念頭において推敲しています。

 

あるときには塾の生徒たちに、あるときは保護者の方に、またあるときには世の中の小中学生や保護者の方に、そして、あるときには塾の世界を生きる同志に。

 

個人宛てのときもあれば、グループに向けるときもあります。また、その「メッセージ」が顕在的である場合もあれば、潜在的である場合もあるでしょう。

 

 

その内容に合わせて文章を調整していますが、どんな内容の記事であっても、中学生が読めるようなものであるように気を付けています。あまり難しい言葉は使わないようにしているつもりですが、あえて、高度な概念や特別な語彙を使うこともあります。

それは、このブログを、インターネットに接続されている情報端末で閲覧されるということを前提として書いているからです。読者は、意味のわからない言葉を直ちに調べられる環境のもとにこのブログを見ているので、どうしても意味が分からなければ、自分で検索することができます。

 

 

 

それにしても、この1年の間に、いろいろな方にこのブログをご覧いただいたようです。

実は、閲覧回数などの解析を一切やっていないので、どれくらいの人がこのブログを読んでくださっているのか全く知らないのですが、それでも、このブログを読んだ方からお問合せをいただいたり、ブログを通してご縁を結ばせていただいたりする機会が増えてきました。

 

都立高校入試の直前に、社会の入試問題についての記事を書いたことがあったのですが、ある高校生が、ブログのおかげで合格できました、という報告をしてくれて、本当にうれしかったですね。

 

 

ブログのことを振られると、ちょっと恥ずかしくなってそっけない返事をしてしまうことが多いのですが、実は内心、浮かれているのです。

気にかけていただいている方々には、ありがたい気持ち、いっぱいでおります。

 

 

今後とも、アイヴィーブログをよろしくお願いいたします。

 

 (ivy 松村)

一周年

ivyは、昨年の3月21日に開校し、3月27日の春期講習から授業をスタートさせました。

 

しかし、当時、3月21日の時点では、全く開校準備が整っておらず、お問い合わせくださった方にも、ご案内をしばらくお待ちいただくような状態でした。

 

去年の3月ごろといえば、消費税率が上がる直前でした。大きなお金が動く建築業界では、消費税が上がる前に工事を始めようという「駆け込み需要」が多くなって、業界では大忙しの時期でした。そんななか、かなり無理な注文を引き受けていただき、本当に助かりました。

 

私たちも、なにぶんはじめてのことばかりだったので、なかなか決断できなかったり、途中で変更をお願いしたりして、業者の方たちにずいぶんお手数をおかけしてしまいました。

また、素人の私たちの無知な質問や、おかしな注文などに快く応じていただきました。

 

 

確か、3、4日前にようやく机やいすを搬入して、講習初日の朝にホワイトボードを設置したのだったと思います。

 

 

あれから一年がたったのだと思うと、感慨がこみ上げてきます。

 

手を貸してくださり、支えてくださったみなさまに感謝申し上げます。

 

 

 

塾を立ち上げるという経験は、なかなか貴重なものでした。

自分の「世界」をさらに広げることができました。

 

 

例えば、看板の歴史。

看板屋さんに話を聞く中で、デジタルの画像処理とプリントの技術の進歩によって、現在はシート全体に印刷して貼り付けるものが主流になっていることを知りました。

少し前までは、カッティングといって、それぞれの色のシートの使う部分をカッターなどで切り張りする作業をしなければならなかったので、より多くのコストがかかっていたのです。色の数だけシートを重ね合わせて作っていたのです。

もっと前は、プラスチックを加工して組み合わせなければならなかったので、さらに時間と費用がかかったようです。その前は、もちろん、ペンキなどでの塗装です。

 

電飾やライトアップにLEDが使われるようになって、「交換」の依頼がなくなってきたという話や、道路に出すスタンドの看板の話も興味深かったです。

 

それ以来、道を歩いているときに目に入る看板を見て、「これは古い技術の時代に作られたやつだなあ」とか「うわ、これはオーダメイドだ」とか、デザインや素材や工法が気になるようになってしまいました。

 

 

テナントや事務所などの不動産契約の知識も増え、「居抜き」「スケルトン」といった用語や、テナント料の相場にも詳しくなりました。

コピー機やオフィス家具、電話の契約、印鑑などについてもいろいろと知ることができましたし、さらに、教室を仕切っているスチールの壁のことをパーテーションというのですが、パーテーションやホワイトボード業界にも詳しくなりました。

 

 

ポスターやチラシなどの制作も、興味深く思いました。

 

 

八王子のアールクルーさんには、本当にお世話になりました。

 

ivyの校舎の入り口に置いてある三つ折りのパンフレット、「勉強に感動する」はアールクルーさんに作ってもらったものです。

打ち合わせや撮影や原稿のチェックなど、本当にていねいに対応していただきました。

素人考えの提案などでも、一生懸命アイデアを出して、取り入れるようにデザインしてくださいました。

パンフレットが出来上がったとき、本当に、銀行や保険会社などに置いてあるものと遜色のない、いやそれ以上のものを目の当たりにして、感激したことを覚えています。

 

 

 

私は結構細かい性格で、かといってそれほどデザインのセンスがあるわけでもないのですが、それでも、チラシなど、写真の位置をずらしてみたり、字の大きさやフォントを変えてみたりといった微妙な調整をしたくなってしまうのです。

困ったことに、自分なりの思い入れやこだわりなども詰め込みたくなってしまいます。

 

それで、チラシやポスターは自分で作った方が人に迷惑をかけないな、と思って、今では自分で作るようにしています。

 

チラシはワード、ポスターはパワーポイントで作ります。

だいたい、チラシを作るときには、3、4日続けて徹夜します。

(といっても、塾の仕事は夕方からなので、寝ないままで次の日の授業をすることはありませんよ。)

 

春期講習は、ちょっと時間がなくて、冬期講習でつくったものに手を加えて作りました。

 

少しずつデザインの腕も上がってきて、それなりの出来になってきているのではないかなぁ、と個人的には思っていますが、どうでしょうか。

 

 

 

あとは、塾のホームページやチラシに使われている写真を鑑別できるようになりました。

ホームページやチラシなどの広告に使う写真を提供するサービスがあるのですが、自分でチラシなどを作っているので、だいたいの写真やモデルを見知っているのです。

それで、「この塾とこの塾はチラシの写真がかぶってしまったなあ」とか、「この塾のホームページは、あの写真を使っているなあ」とか、ちょっとマニアックな目線で眺めたりしています。

 

 

ivyのホームページは、多摩市のHTPさんに引き受けていただいています。

 

結構あれこれとお願いをして苦労をおかけしてしまったのですが、本当に素敵なホームページを作っていただきました。

素人の意見であっても尊重して取り入れていただき、そのうえでバランスの取れた素晴らしいサイトに仕上げてくださいました。

HTPさんには、いつもいつも、いろいろな面で本当に助けられています。

 

 

 

 

昨日は、受験を終えた卒業生に集まってもらって、彼らを送り出しました。

(来られなかった人は残念でしたが、今度、ぜひ「送り出され」に来てくださいね。)

 

これで、ひとつのチャプターが完結したのだ、という思いが強くあります。

 

暦の上での一年の最初は元旦ですが、「塾の一年」は3月にはじまります。

それに加えて、ivyにとっての「スタート」は春期講習から、という感覚は、今後も続いていきそうです。

 

来年のこの時期にも、いろいろなことを思い出しそうです。

 

 

(ivy 松村)

「アイヴィー」と「アイビー」

「ivy」は日本人が発音すると「アイビー」になります。

 

「v」は日本語にはない音ですが、「b」に近い音に聞こえるため、通例ではバ・ビ・ブ・ベ・ボで表すようになっています。

 

しかし、「v」の音をヴァ・ヴィ・ヴ・ヴェ・ヴォで表すこともよくみられます。

こうした表記は、外来語に西洋的な雰囲気をより強く醸し出させます。

ヴァチカン市国、ソヴィエト連邦、ヴァイオリン・・・

 

 

学校では正式にならわないことも多いので、初めて見たときにはなんと読むのかとまどった人もいるのではないかと思います。

 

どうして「ウ」に「゛」をつけるというような、不自然な文字を使うようになったのでしょう?

 

実は、昔、「u」と「v」は同じ文字でした。正確には、「v」から分かれて、新しく「u」が作られたのです。

「w」は「v」が2つで「ダブル・ユー(ダブリュー)」と読みますね。「v」=「u」だからです。

 

「ヴ」という表記を使いはじめた人は、きっとそのような背景をふまえたのでしょうね。

 

 

 

「ivy」も「アイヴィー」とふりがなをつけています。(ホームページの検索では、誰でも読めるように「アイビー」にしてあります。)

 

 

50年ほど前に「アイビールック」というファッションが流行しましたが、実はこれも「ivy」に由来するものです。

 

アメリカ東部の名門大学グループを「アイビーリーグ」(Ivy League)といいます。これらの伝統のある大学の校舎がツタに覆われていたことから、そう呼ばれるようになったのだといわれています。

(日本でいう「東京一工」や「旧帝」のようなものだといえるかもしれません。)

 

その「アイビーリーグ」に通う大学生の間で好まれていた着こなしを「アイビールック」と呼ぶようになったのだそうです。「アイビールック」は単に「アイビー」とも呼ばれ、定番のファッションとして日本に定着しました。

 

ですから、当時を知る日本人にとっては、「アイビー」はおしゃれで洗練されたイメージの言葉なのですが、一方、アメリカ人にとって「ivy」は、名門大学群を連想させる、アカデミックで知的なイメージの言葉なのです。

 

「進学塾 ivy」は、ファッションではなく、アカデミックな場所でありたいので、「アイビー」とはせず、「アイヴィー」にしたのです。

 

(ivy 松村)